ゆきふる

息を飲む美しさ!色とりどりの光線を生むガラスの曼荼羅

Dichroic-Glass-Installations-by-Chris-Wood-1

美しく乱反射される光線に息を呑まざるを得ないアートです。
イギリスを拠点とする Chris Wood はガラス板を使用し、壁にカラフルな迷路や光の曼荼羅を生み出しています。
彼女が使うのは、ガラス板の片面に金属 金・銀・銅・チタンを真空蒸着させた「ダイクロイックガラス」と呼ばれるもの。
べースの色と金属の組み合わせによって、さまざまな色に輝く面白い素材です。
続きを読む

こいつらから目を離せない!インターネットで最もワルな「パーティードッグ」たち

59

人間のパーティー好きは時に面倒くさいものですが、パーティーピーポーならぬ「パーティードッグ」であれば可愛いだけで無害です。
@drunkdogsofigは、人間以上にハードなパーティーが大好きな犬たちの姿を公開しています。
彼らは、インターネットで最もワルかもしれないし、ハードドランカーかもしれません。
こいつらが、目が離せませんね!続きを読む

別人どころか別次元。女性は化粧でここまで変わる!

face_paint_04

女性のメイクは魔法だって話なんですけど、彼女の場合はもはや別人どころか別次元。
欧米特有のグロテスクなアートを顔からデコルテにかけて施しているんですが、もうこれだと人体の必要ないんじゃないのって。
でも人体だからこそ、リアルなのかなって。
これで街歩いたら、一瞬人気者になれそうです。


続きを読む

恐竜並みの食欲ってどれくらい?知りたいなら、このスケールでパスタを測ってみよう

t-rex-noodle-measure

パスタの1人前って何gなんでしょうか。100gだと足りない、200gでも行けそうな気がする。
そもそも私の食欲を定量的な数字で測らないで欲しい!
そう、私の食欲はティラノサウルスなのよ。人間レベルでは、無いのよ!
だったら、パスタにはこの測定ツールを使いましょう。続きを読む

体幹がハンパない!巨大タイヤでフラフープする男

tractor-tire-hula-hoop

良い子の皆は絶対にマネしてほしくないんだけれども、もし体幹に自信があるのであればチャレンジしてみてもいいかもしれません。
この男「フラフープマン」は、重くてデカいトラクターのタイヤでフラフープをしてしまうという無茶苦茶な人物。
見てるうちに身体が引きちぎれてしまうんじゃないかって不安になるんですけど、彼はちゃんと鍛えているから大丈夫なんです。
だから、絶対にマネするなよ、絶対だぞ。続きを読む

高さ30m以上!スコットランドにある世界最大の生け垣

meikleour-beech-hedges-1_thumb[2]

スコットランドのメイクルアーには「世界最大の生け垣」と呼ばれる場所があります。
ギネスブックにも認定されているこの生け垣は、ブナの木で作られており、平均的な高さは30m以上。
500~530mにわたって伸びている生け垣ですが、しっかりと手入れが行き届いているのが驚きです。

続きを読む

家庭菜園でハーブが余りすぎるというあなたに「フレッシュハーブキーパー」

fresh-herb-keeper-01-copy-600x600

家庭菜園にピッタリな時期がやってきました。
お手軽に栽培できるということでハーブを育てられている方も多いと思いますが、次から次へと生えるハーブは収獲しても使い切れないことがしばしば。
できれば新鮮なうちに使いたいものですが、難しいならば「Fresh Herb Keeper」を使うと良いでしょう。
抗菌性ガラスで作られたこの保存容器は、水を中央部に注ぎロックし、あとは冷蔵庫に入れておくだけでハーブを新鮮なまま保存できます。
続きを読む

キャンバスは白い皿。カナダ人芸術家によるポップアートを召し上がれ

oiiijjxaj

カナダのアーティスト Jacqueline Poirier は、キャンバスの代わりに白い皿に手書きのペイントという活動を行っています。
タイポグラフィや食品、有名人や動物など彼女のテーマは多岐にわたりますが、どれも楽しげでユニーク。
どうして皿なのかはよくわかりませんが、彼女の作品は@thecrazyplateladyで閲覧することができます。
新手の絵付け皿ってことですかね。
続きを読む

「ホワイトサンズ国定記念物(アメリカ)」世にも珍しい石膏でできた大砂丘は、見渡す限りの白い大地

white-sands-national-monument-2[6]

塩でもなければ、石英でもない。
では、この見渡す限りの白い大地を生み出しているのは一体何なんでしょうか。

アメリカ合衆国ニューメキシコ州オテロ郡にあるホワイトサンズ国定記念物は、トゥラロサ盆地に広がる約710平方kmの広大な白い砂丘の一部です。
続きを読む

世界最高のストレス発散!本物の戦車でクルマや建物を破壊し放題なスポットがあった!

drive-a-tank-3

仕事、家庭、恋愛・・・
とかくこの世はストレスだらけです。そんなストレスフルな世の中において至高の解放感を与えてくれるスポットが「Drive A Tank」。
ここはアメリカで唯一、一般市民が戦車を運転できるという稀有な場所。
そこでは、第二次世界大戦時にアメリカ合衆国で開発・製造されたM4中戦車などを運転でき、機関銃を乱射したり、クルマや小屋を破壊できるんです。
ここまで破壊願望を満たせる場所って他にありますかね!!続きを読む

ブログ内検索
ブログについて
アート、動物、インテリア、雑貨、Web、渋谷のランチ、下北沢全般なんかについて書いています。
nakatanigo



Google +

follow us in feedly
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク