ゆきふる

動物からブランドロゴまで!折り紙で作れないものは無いのかもしれない!

projects06

山折り谷折りして作る折り紙に、作れないものは無い。そんな気がしてきました。
ケープタウン在住の Ross Symons は、動物からブランドロゴまで様々な折り紙アートを制作しています。
続きを読む

道具ナシでこのクオリティ!筆を使わずに描かれたポスト印象派の油絵

1361259875_0-640x492

ポスト印象派っぽい絵画として確かにコレは美しいものですが、ただそれだけではご紹介するワケがありません。
驚くべきことに、画家 Iris Scott は、このような油絵を何の道具も使わずに描いているのです。
続きを読む

全然へうげてない!下北沢「織部」は、こだわりのコーヒーが美味い!

写真 2014-10-19 16 56 06

下北沢の裏路地にひっそり佇む和風のカフェ「織部」。
陶器の販売も行っているお店で『ひょうげもの』でお馴染みの「織部」など、ユニークな作家物も扱われています。続きを読む

一家に一台!安全でオシャレなダンボールカッター「Slice box Cutter」

Slice-Box-Cutter-0

「Slice box Cutter」は、自動格納式セラミック刃を搭載した世界初のボックスカッター。
カッターナイフよりもきっと便利に切れると思います。いや、そうに違いないんだ。
続きを読む

あの名作はこうして作られた!「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」の貴重なオフショット

the_jedi_photos_01

今も新作の撮影が進んでいるという映画「スター・ウォーズ」。
そのエピソード6・・・というか最初は最終章だった「ジェダイの帰還」のオフショットをご覧ください。
1983年に公開された作品ですが、当時は皆の度肝を抜く技術満載のSFっぷりだった聞きます。
そんな映画がどのように作られたのか垣間見る貴重なものとなっていますよ。続きを読む

絵の具では再現不能!天然の花びらを使って描かれた鳥たちが美しい

red-hong-yi-flower-bird-series-designboom-01

鮮やかな鳥たちの色合いを再現するには、どんな絵の具でも役足らずなのかもしれません。
red hong yi は、カラフルな鳥を描くアーティストですが、その材料となるのは美しい花びらの数々。続きを読む

5種類の麺が選べる!「つけ麺 岩」は下北沢つけ麺界の救世主になるか!?

写真 2014-10-19 13 48 16

下北沢の名所とも言える洋食店「ぶーふーうー」が閉店、そしてその跡地にできたのが「つけ麺 岩」です。
名店の後釜ということで必要以上の期待感と、無駄な仇討ち感を持ちつつ、行ってきたのですが、美味しかったです。
下北沢がつけ麺不毛の地というのは解消されつつあるのかもしれません。続きを読む

モフモフ動物と流氷が美しい。穏やかな南極の姿をご覧ください


南極って分厚い氷に閉ざされていて、ブリザードが吹き荒れる極寒の世界ってイメージがありませんか。
でも、実際は青空も見えるし、生物だっている。それもモコモコした動物たちが。
私たちが思う南極とは違う、穏やかな地球の極地の姿をご覧ください。
続きを読む

お顔、暖かいんだから〜♪赤ちゃんを守るヒゲ付きニット帽が可愛い

237648588

子供に被せたら、超可愛いだろうなという帽子をEtsyで見つけました。
「BurlyBeardco」は、ヒゲを併せ持つニット帽。
可愛いだけでなく、顔を寒さから守ることができるスグレモノです。続きを読む

博士もビックリ!ハロウィン向けに「フランケンシュタインの怪物」型カボチャが作られていた!

frankenstein-pumpkins-4

ハロウィンには彫刻されたカボチャがつきものですが、いっそことホラーぽいカボチャを作ってしまえばいんじゃね!
カリフォルニア州ベンチュラ郡にあるCinagro Farms のTony Dighera がそう思ったかは定かではありませんが、とにかく彼は4年をかけてカボチャ版「フランケンシュタインの怪物」を作り出す金型を制作しました。続きを読む

ブログ内検索
ブログについて
アート、動物、インテリア、雑貨、Web、東京のグルメなんかについて書いています。
企画・イベントの取材依頼つきましては、Twitterにてご連絡ください。
nakatanigo



Google +

follow us in feedly
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク