ゆきふる

道玄坂の隠れ家「きになるき」でまた大満足ご飯!サバフグってなんなのあれ・・・

写真 2016-07-25 21 49 49

「店名非公開の渋谷・道玄坂の隠れ家」として反響を頂いている例のお店ですが、もうネタフルさんで店名公開されてたので、言っちゃいますね。
このお店は「きになるき」です!

先日また、お邪魔してきました。
やっぱり幾度に発見がある素晴らしいお店ですね!続きを読む

「渋谷百軒店ノ小屋(渋谷)」牛・豚・鶏、色々焼いて満腹になれる、ガッツリランチが登場!

写真 2016-07-25 13 03 49

渋谷・百軒店にオープンしていたガッツリ肉系ランチのお店「渋谷百軒店ノ小屋」にいってきました。
肉系ランチでご飯もいきたい、ってときには渋谷においてもかなりオススメできますよ!
量がゴイスーだから。続きを読む

「美食天堂 金威(下北沢)」山椒効きまくりな激辛麻婆豆腐&ご飯おかわり自由で汗だくランチ!

写真 2016-07-24 13 35 47

下北沢南口商店街に最近できた激辛系の中華屋さん「金威」にいってきました。
一品料理もちゃんとあるようですが、推しは激辛な担々麺と麻婆豆腐のようです。
暑い今みたいな季節だからこそ、激辛四川料理が良いではありませんか!続きを読む

今年も食べまくるぞ!名古屋の人気かき氷屋「川久」が下北沢に帰ってきた!

写真 2016-07-24 14 49 17

2年前、下北沢駅西口に現れ大人気となった名古屋のかき氷屋「川久」が、下北沢の街に戻ってきました!
場所は北口側にある森の中のビアガーデン的な場所。
かつてたこ焼き屋の「大阪屋」があった場所から路地を入っていく感じです。続きを読む

揖保乃糸の中華麺「揖保乃糸 龍の夢」が、流石の美味しさだった

写真 2016-07-25 0 01 20

酷暑における最高のご馳走といえば「揖保乃糸」の特級ですよね。
素麺界の最高峰といえばコレだと思うんですが、探している時に全く別のものを発見しました。
それが「揖保乃糸 龍の夢」です。ドラゴンドリーム!

素麺のノウハウを活かして作られた手延べ中華麺とのことで、気になります。続きを読む

天然桜100%!みやび工房「くんせいチーズ」が贅沢かつ強烈なスモーク香で客に出せるレベル

写真 2016-07-24 9 16 45

奥多摩の武蔵五日市駅にあるコンビニで見つけた「くんせいチーズ」。
何故ここに燻製チーズがあるのかは謎ですが、とにかく同じ地域の日の出町で製造されている特産品なんだそうです。
一つ648円、ということで買ってみました。
続きを読む

暑い夏の低山登山にオススメな手袋、アクシーズクイン「UVメッシュグローブ」

写真 2016-07-24 9 15 57

春夏の登山には、ブラックダイヤモンドのクラッググローブを使用していますが、場合によってはそれでもトゥーマッチだと感じるようになりました。
【レビュー】春夏の登山用グローブにコスパ良し!「ブラックダイヤモンド クラッググローブ」:[雪]

保護力が高いのは素晴らしいのですが、真夏の低山においては、これは分厚く、いささか扱いに手間取る時があり、なにより暑い。
そんな経験があったので、より薄いものを買ってみました。
アクシーズクインの「UVメッシュグローブ」です。続きを読む

こんなの撮ってみたい!若き写真家による野生動物との信じられないほど親密な写真

wild-animal-photography-konsta-punkka-10

21歳の写真家 Konsta Punkka は息を飲むほど美しい野生動物の写真を撮影しています。
彼の写真の特徴は、驚くほど近い野生動物との距離感と、その「目線」にあると言えるでしょう。
実は野生動物との信頼を築くために少量のエサを与えているんだそうで、その行為にかんしては賛否がわかれるところでしょうが、こんなのinstagramにあげられたらハートを押さずにはいられないんです。

続きを読む

今も後ろに!カナダ人作家が作るクリーチャーが怖過ぎで安眠できそうにない

1-149 (2)

アリゾナ州を拠点とするアーティスト Josh Leichliter によって、我々の睡眠は阻害されることでしょう。
彼は現代のアインシュタイン博士として、様々なクリーチャーを制作。
不気味な亜人類をモチーフにしたそのクリーチャーは、爛々と輝く目で私たちを見つめ、今にも八つ裂きにして骨まで食らってしまおうとしているかのようです。
続きを読む

古き好きアメリカがここに!プレイメイトとクラシックカーの魅力的なピンナップ

1-134 (2)

「美人」とか「可愛い」といった概念は何時の時代もひとそれぞれであることは言うまでもありませんが、『プレイボーイ』を彩ったプレイメイトたちが世の男性の視線を釘付けにしていた時代は確かにありました。
高級車と美女、という組み合わせはもはや陳腐なイメージがありますが、1960年代半ばから70年代のピンナップを見ると、なるほど絵的には収まっている感じがするので不思議です。
というわけで、プレイメイトとクラシックカーによる魅力的な画像をご覧ください。続きを読む

定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
スポンサードリンク
ブログについて
アート、動物、インテリア、雑貨、Web、渋谷のランチ、下北沢全般なんかについて書いています。
nakatanigo

Google +
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク