ゆきふる

圧倒的クオリティ!生々しいまでの質感を持つ3Dグラフィックに驚く

1466-990x990

ポーランドの グラフィックデザイナー Peter Tarka の3Dアートは生々しささえ感じるほどリアルです。
フリーランスで活躍し、ホンダ、adobe、BMW、ハイネケンなどとともに仕事をしていることからその能力は疑うべくもないのですが、不勉強な私にはこんな3Dアートがどうやって作られるのか見当もつきません・・・続きを読む

料理自慢のキャンパーにオススメ!折りたたみ式スキレット「Takedown Skillet」

takedown-skillet

キャンプといえども、いやキャンプだからこそ美味しい料理を作って食べたいもの。
「Takedown Skillet」は、英国の伝統的な鋳物工場で製造された10インチのスキレット。
同程度の保温性を持つ鉄製フライパンの半分の重量しかなく、組み立て式なのでバッグに入れて持ち運ぶのにも便利です。
こいつで美味しいお肉、焼いちゃってください!続きを読む

「良い警察」とは何か。皮肉に満ちた世界の警察風刺イラスト

1494-990x1172

Gunduz Agayev によるイラストの多くは、皮肉に満ちています。
これからご紹介するのは、ロシア、英国、中国、トルコ、イラン、韓国、スーダン、サウジアラビア、インドなどの国々で警察権力によって虐待を受け人権を侵害されている人々の様子を描いたもの。
「良い警察」について考えさせられる作品となっています。
続きを読む

情熱あるのみ。IBMを辞めてプロInstagram写真家に転身した男

1596-990x661

元IBMのエンジニアだった Eelco Roos は、フルタイムのInstagram 写真家になるために仕事を辞めました。
日本でもSNSやプロモーションツールとして市民権を得ていますが、それを生業にしようという人は皆無に等しいのではないでしょうか。
彼の収入源は、観光機関やサムソンやソニーといったブランドのオンラインキャンペーンだそう。
きっと年収は落ちたんでしょうけど、彼の写真への情熱はそれをものともしなかったということなのでしょう。
続きを読む

スイカバーが作れる!夏休みにピッタリなキッチングッズ登場

2290-990x920

Avihai Ahurin によってデザインされた「Pepo」は、スイカのスライサー。
なんとリアルな「スイカバー」が作れるんです。
夏休みに入った子どもたちのパーティーにピッタリなアイテムです。
大人にとってもスイカが食べやすくなりそうだし、良いですね。
惜しむらくは、種がチョコレートではない、ということでしょうか。続きを読む

環境破壊の末に。干上がったアラル海に浮かぶ砂上の船

4245-990x660

かつてそこにあったはずの海が、今はない。
荒涼たる砂漠は塩に覆われ、生物は見えません。
カザフスタンとウズベキスタンにまたがる塩湖「アラル海」は、大半の水が蒸発してしまい、世紀末のような光景を見せています。
環境破壊によって、広大な海を失ったアラル海に沈むように浮かぶ船たちの亡骸をご覧ください。
続きを読む

パグパンマン登場!食べるのが可哀想なくらい質感を活かした動物パン

Pug-Loaf

ちょっと食べるのがかわいそうくらい可愛いパグ犬ですが、こいつはパンです。パグパンです。
Lou Lou P's Delights が制作するパンや焼き菓子は可愛いものばかりで、ユニコーンや猫もちょっと食べるのに躊躇しちゃいますね。
パンを必要以上にデコレーションするのではなく、パンそのものの質感を活かしているところに共感が持てる美味しいアートです。
続きを読む

不気味の谷さえ感じない!生きていないのが不思議なレベルにリアルな人間の彫刻

4229-990x1320

Marc Sijan は信じられないほどリアルな人間の彫刻を制作しています。
肌の質感、シワ、脂肪のたるみにいたるまで成功に再現されたその作品は、見る人の多くを欺いてきました。
そこらへんに置かれていても、これが彫刻なのか実際の人間なのかひと目で見分けることは不可能かもしれません。
リアルすぎて「不気味の谷」さえ感じないのではないでしょうか。

続きを読む

柔らかな光りと質感が子供部屋にピッタリ!バルーンアートのような照明「BALLOON DOG LIGHT」

p7255_column_grid_12

ぼんやりと光る可愛らしい照明は、まるでバルーンアートで作られた犬の中に照明をいれたかのよう。
その名も「BALLOON DOG LIGHT」は、フワフワしたシリコンゴム製でバッテーリーで給電されます。
可愛い外観となだめるような光り方は、子供部屋にピッタリですね。
続きを読む

なんか美味そう。カナダの大自然が生んだビスケット「フェアリーストーン」

fairy-stones[4]

色の悪い人形焼みたいなこの物体は、「フェアリーストーン」。
カナダ・ケベック州のアリカーナ川で見つかる自然が生み出した不思議な造形物であり、先住民族には狩猟採集の際のお守りとして重宝されているんだそう。
炭酸カルシウムが堆積して生成されたもので、アリカーナ川とはアルゴンキン語で「ビスケット」の意味。
たしかに、フェアリーストーンはビスケットに見えるかも。続きを読む

ブログ内検索
スポンサードリンク
ブログについて
アート、動物、インテリア、雑貨、Web、渋谷のランチ、下北沢全般なんかについて書いています。
nakatanigo



Google +

follow us in feedly
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク
株式会社シンデザインの施工事例