【第2回】ニッコウキスゲ車山から八島湿原へ歩く霧ヶ峰大草原の旅

IMG_0743

車山山頂から八島湿原に向かうのですが、その間に蝶々深山や物見岩というスポットを経由します。
ここからが、このハイキングの醍醐味。365度、どこを見渡しても風そよぐ大草原なので、本当に清々しい。
ずっと、ここにいたい。そう思える場所でした。続きを読む

「赤舎利 もり一(神保町)」行くべき!150円均一なのにネタが豊富、そして赤シャリが超旨い!

IMG_0690

神保町の「赤舎利 もり一」という回転寿司屋に行ってきました。
チェーン店なんですが、「ネタが豊富」「コスパが良い」といった評判のほか「赤酢を使ったシャリが美味しい」という声もあり気になっていたのです。
一皿150円均一(一部例外アリ)という値段設定なのも、わかりやすい。
炎天下の行列を乗り越えて、いざ実食!
続きを読む

「目黒オイスターバー」がオープン!7月21日、7月22日はフードが全品半額で超お得!

sub1

新宿西口にオープンし、個人的には「呑まないでも楽しめるオイスターバー」として大ファンになってしまったお店が「新宿西口オイスターバー」。
そして早くも同業態として2店舗となる「目黒オイスターバー」が、2017年7月21日(金)に目黒の権之助坂にオープンします。
またもや地名ズバリの店名で覚えやすい!続きを読む

美味しく食べられる素材にこだわった行動食、黒糖塩飴「飴と無智」

IMG_0649

行動食って時にケミカルだったり味が良くなかったりすることがあるんですが、このZEN NUTRITONの「飴と無智」は馴染み深い味で効果とともに安心感があります。
「飴と無智」は、久米島の天然黒糖に伊豆大島の天然海塩から作られた黒糖塩飴で、手軽に糖分とミネラルが補給できるんです。
続きを読む

「ころぼっくるヒュッテ(霧ヶ峰)」高原が一望できる絶景カフェで名物のボルシチを!

IMG_0635

霧ヶ峰や車山高原にはビーナスラインがあるおかげで、サービスエリアやレストランがあるんですが、せっかくだったら雰囲気のある場所でご飯を食べたいところ。
そこでぜひとも行って欲しいのが、「ころぼっくるヒュッテ」。
高原を一望する見事な眺望と、美味しいボルシチが名物です。続きを読む

【第1回】ニッコウキスゲ車山から八島湿原へ歩く霧ヶ峰大草原の旅

IMG_0658

蒸し暑く、騒々しい東京を離れ、長野の高原へと避難してきました。
場所は、エアコンでお馴染みの「霧ヶ峰」。行けば、なぜエアコンの名前になったのかがわかる爽快感でした。
東京からは公共交通機関で、3時間ちょっと。
そこには天国のような草原がありました。
続きを読む

荷物の受取に便利でした!街の宅配ボックス「PUDOステーション」

IMG_0546

先日、宅急便の受取に「PUDO(プドー)ステーション」を利用したんですが、便利でした。
基本的には近くのコンビニで受け取るんですが、商品によってはそれができない場合があります。だからといって再配達を受けられるのは次の週末・・・といった時がありました。
偶然にも最寄り駅近くにこの共有宅配ボックスとも言うべき「PUDO(プドー)ステーション」があったので、利用したというわけです。
続きを読む

「四季(新宿)」ランチに迷ったらココで良い。カレー、肉、魚、薬膳粥まであるからね

IMG_0551

新宿駅から代々木方面に向かう途中、モンベルの手前にある「四季」というお店でランチ。
お目当てのお店が満席で「仕方なく」という感じだったのですが、メニュー豊富で量も充分という素敵っぷり。
意外に良かった!
続きを読む

【動画】装備軽すぎ、距離歩きすぎ!3大ロングトレイルを制したハイカー John Zahorian

01

ハイキングというと低山をてくてく歩くってイメージを多くの人が持っていると思いますが、広大な国土を誇る米国には「ロングトレイル」というカルチャーが根付いており、気が遠くなるような距離を歩く人たりが存在します。
中でも、パシフィック・クレスト・トレイル(PCT:4261km)、コンティネンタル・ディバイド・トレイル(CDT:約4500km)、アパラチアン・トレイル(AT:3510km)というルート全てを踏破した人物は「トリプルクラウン」と呼ばれ、尊敬されるんだそうです。
そんなトリプルクラウンを冠するハイカー、John Zahorian がアップしている動画は私たち一般のハイカー、登山愛好者にとってもとても有意義なものになっており、必見です。
続きを読む

もう熱々クッカーで火傷しない!「GSI シリコンポットグリッパー」

IMG_0236

「こんなもの」というと商品に失礼なのですが、買ってしまいました。
こちら、「GSI シリコンポットグリッパー」。熱々のクッカーを掴むためのツールになります。
大好きなアウトドアマンが使っておられたのを見て欲しくなったんですが、実際にチタン系のクッカーを使っていてリッドや持ち手が熱くなって持てないってことがありました。
続きを読む

定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク