あなたにとって、同じクラスタのクチコミが凄く重要ですよ

小久保知洋のお仕事ブログ:[ビジネス]消費者動向は効率化を求めている!? - livedoor Blog(ブログ)
要するに、「ネットで吟味する時間はあるが金は無い、無駄な出費を抑えたい」という心情でしょうか。


買い物をする時、特に大きな金額の買い物のおいてネットに上がっているクチコミ情報を参考にする人は多くなってきたと思います。

また@cosmeのように、化粧品へのクチコミはもはや常識になりつつあります。

今後は、様々な商品においてクチコミの必要性が増すであろうことは、今更言うまでもありませんが、メディアとして意識しなければならないのは

あなたにとって、同じクラスタのクチコミが凄く重要ですよ

ということを伝えることでしょう。

ブロガーがモニターとなって生の声を広げていく「ブロガーリレーション」は今まさに育ちつつある新たなプロモーションですが、これが購買者にとっても確固たる利益があるのだというところまではまだ到達していなように思います。

ブロガーリレーションはその世界を一刻も早く、Webの外に広げなければならない。
そしてそれは、Webに広がるクチコミを、購買者がこちら側の世界に引き出してくれることが肝要です。

クチコミを生むだけでなく、クチコミの価値向上にこれからは努力していかなければならないなと考えています。

ブログは、まだまだ引き出しの中の日記である。

ブログを始めた5年前。
ブログは、「Web上の日記」とイコールとされていました。

現在、数々のインフルエンサーが登場し、アルファブロガーなる存在が確率され、ブログは「メディア」とさえ言われます。
ブログはジャーナリズムであり、常に執筆中の書籍であり、世界に開かれた会議室でもあると言えるでしょう。

・・・
・・・・・・

果たしてそうでしょうか。
多くの人が見る一部のブログに限って言えばそういって差し支えないかもしれません。

仕事柄、日に数百のブログを閲覧します。
それはlivedoor Readerに登録している面白いブログ、参考になるブログではなく、何の変哲もない一般のブログです。

おそらく、友人知人がブラウザブックマークからたまに更新を確認するくらいのブログでしょう。

そこに書かれているのは、他愛もない日常です。
今日の昼食、仕事の愚痴、好きなアイドル・・・
誰が得するでもなく、それがはてブ界隈を賑わすわけでもない。
ホッテントリ入りなんて(そのような存在も知らないだろうが)考えもしない膨大な数のブログを見ている昨今、こんな感慨を持つようになりました。

ブログは、まだまだ引き出しの中の日記である。

中には、言いたくて言いたくてたまらないが、友人知人には話せないことを話す場としてのブログを位置づけているユーザーもいます。
mixiで自分の犯罪を自慢げに記した若者が何人もいますが、そういったことではありません。
ただ、人の利益にならないだけでなく、自分の不利益につながりかねないことが記事となっていることが多いのです。

誰も見ていないだろう、という推測。
誰かに見てほしい、という期待。

このアンビバレントな思いが、「書いてしまった」という結果につながるのでしょうか。

ブログは、世界中に公開されているのです。
そしてそれは書き手も認識しているはず。

それでもブログに、本来見られたくはないであろう「日記」を書くのは何故なのか。


ブログサービスの携わる人間として、また民俗学を志す人間として、私はそんな「引き出し」ブロガーのフォークロア、精神性に注目していきたいと思います。



ぐりぐりGREE

おかんが、GREEにハマっとった。

この前の障害でいかに「やることがなかったか」を長々と語られた。

妹にも話聴いたけど少なくとも、モバゲーはやっていないとのこと。我が家ではGREEが人気でしたね。

SNSだけあって、バグなんかもすぐにフレンドに伝わるらしく、そこらへんは怖いというかなんというか。


元々、主婦は主婦仲間のネットワークがあって、それがケータイのおかげでネット上に移行された。
「モバイル+暇つぶし+SNS」にぴったりなのは、主婦だったのだと改めて実感しました。


アバターをデコるための「G」を得るために、強引に招待されてしまいました。

いつもお世話になっています的古着屋




いつもお世話になっています的古着屋、老舗のHAIGHT&ASHBURY。
大きな赤いハイヒールが目印です。

1800年からのアンティークまで取り扱っていますが、それを含めて、信念のはっきりしたセレクトの数々が最大の特徴です。

古着の街下北沢で、ここに行かない理由はありません。
絶対に一度は行ってください。

奇抜なものが多いですが、スタンダードもしっかりと押えられているので、古着初心者でも安心です。
店員も丁寧に接客してくれますしね。
それが嫌、というタイプだと困りますが...

最近は、自分で探しつつ店員さんがオススメを持ってきてくれます。嗜好を把握してくれているので、はずれはないですね。
前回買ったのは、下のダッフルコート。


状態が悪いものは無いので、安かろう悪かろうではありませんのでご安心を。


こんなブーツもありましたー!

カフェ店員Blogはどうだろうか

モワ カフェでブラマンジェを食べている時、カフェ店員Blogはどうだろうか、と思った。

「ええ、ただの店員でしょ」と思われるかもしれないが、人気のカフェには固定客がわんさかいるし、店員目当てで来店ということもままある。

MiLK CAFE なんてその最たるものじゃないだろうか。

でも、カフェ店員に記事を書かせるのは、そのBlogのPVを狙ってではない。
カフェ店員の何十倍もいる来店者の中には、グルメブロガーや今日の日記を記す人がいて、そのネタ元としてだ。

ネタ元を増やすことで、記事は投稿されやすくなる。
カフェとしてはPRと客との双方向性のやりとりというグッドイメージを得られる。


ぶっちゃけ、ディアステージのようなメイドカフェの店員ブログをまとめてやるとリテラシー的にも良いのかなぁ思ってます。

日本全国、本店の旅

本店の旅 - BUBBLE-Bの日本全国チェーン店本店巡り

本にしたい。
そう思えるブログを見つけました。

いろんなチェーン店の本店を自らの足で巡っておられます。
本店とチェーン店の味が違うというのはよく言われることですが、その他にもいろんな違いがあるんですねぇ...

本店の旅:フレッシュネスバーガー 1号店は偶然にも近所なので、今度行ってみることにしましょう。

本店にしかない歴史、思想性は差異がわかりやすいだけに、感じやすいのではないでしょうか。

これは、ちゃばいベルボトム

H&Mが巷では話題ですが、私はもっぱらH&Aです。
下北沢の老舗、HAIGHT&ASHBURY

古着好きの魂を揺さぶる品々が溢れています。
積極は極めてフレンドリーな感じなので、それが苦手な人は駄目かもしんないです。

店員さんは同じ店とはいえ、古着の趣味は様々っぽいので、それはそれで幅が広くていいです。

下のベルボトムは、男性店員と大盛り上がりしたものですが、他の女性店員に言わせると
「・・・好きそうだよねぇ」

って、おい!完全に興味あらへん。




それにしてもこのベルボトムは、ちゃばい。
ラングラーのレディースなんですが、こんな柄は無い。当時にしても珍しかったんじゃないでしょうか。
そのうえ、デッドストック。
もはやコレクターアイテムです。

70'sのイベントとかパーティーとかにぴったりですね!

もう一本、70'sのパンツを買いましたがこっちはダブルプリーツで、グレー地のチェック柄。うっすら紺色が入っていて可愛い。
ポケットのデザインも素敵です。

「パコ」は魔法の映画

独り。
おまけに雨。

普段なら映画など見に行くコンディションではないのだけど、どうしても「パコと魔法の絵本」が見たくなったので、渋谷シネフロントへ。

キャストの衣装、セットのセンスは勿論、映像の色彩も素晴らしくよかった。
物語の筋自体はけっしてポップではないし、まともな色使いをしていたらただの人間群像劇になっていたかもしれない。
それをファンタジックに見せるセンスと、随所にちりばめられたベタなギャグが雰囲気を重苦しくしなかった。

ギャグの割合が多いと悪ふざけになってしまうけど、「緊張と緩和」のバランスが抜群で、シリアスに見せるところはあくまでシリアス。

アヤカ・ウィルソンの天来の可憐さは言うまでもないし、役所広司の演技もさすがの一言。
終盤の剣さばきは、「三匹が斬る!」を彷彿とさせました。

笑って、泣けて、怒って、楽しめる。
感情の全てを励起させる、なんとも幸せな映画!
見終わった後、とにかく無性に人に逢いたくなりました。

自宅ジントニックのススメ

外で呑むより家で呑む方が安いわけです。
一杯5,600円も出して薄いカクテル呑まされるなら、家で自分で作った方が断然旨いし。

というわけで、「自宅ジントニックのススメ」をお話します。

1、ライムは、生がいい


ジントニックの味を決めるは、ライムです。
こればかりは少々値が張っても、フレッシュライムを使いたいものです。しかし、すぐに痛んでしまうので、もったいない。
そこで、私はエトナ・シシリーライムジュースを使っています。100% フレッシュライム果汁です。
けっして、合成ライムやコーディアルライムは使わないでください。
ライムはしっかりと効かせたいのですが、いれすぎると苦くなります。計ったことがないのですが10mlくらいかなと思います。

2、ジンを用意する

ジンは、ジュニバーベリー(ネズの実)で香りづけした蒸留酒、というのが定義ですが、銘柄によって随分と風味が違います。
どのジンを選ぶかによって、ジントニックの味も相当変わるわけですが、トニックの苦みを生かすためにも、風味は軽めのジンをオススメします。
以下にあげるジンは、私のオススメですが、ストレートやロックで楽しむジンであればまた別のものになります。

・ゴードンズ

ゴードンズはお安めですし、風味も凄く軽いです。ジャブジャブ呑めます。黄色のラベルのゴードンズはどんな酒屋にもありますが、緑色のボトルに白いラベルのゴードンズを見つけた時は、ぜひご購入をおすすめします。
緑のゴードンズは、イギリス国内消費用のもので、度数が低め、風味もより軽やかです。値段は倍くらいして3,000円くらいになってたりしますが、ジントニックやジンリッキーには最適なジンだと思います。

・タンカレー

200年近い歴史を持つ老舗ブランドですが、こちらもすっきりしたジンです。ただ当時に力強さもあるので、しっかりとジンを楽しみたい方にオススメです。
こちらもお安く1,200円くらいではないでしょうか。
バーよっては、夏はゴードンズ、冬はタンカレーと重みによって使い分けるところもあるようですね。
フランク・シナトラが愛した酒としても有名です。

これらのジンを45mlコップに注いでください。
ジントニックは難しいカクテルではありませんが、それでも分量は重要です。

3、トニックウォーターを用意する

トニックウォーターは苦みと甘みのある炭酸飲料です。
銘柄によってやはり苦みのバランスが違いますが、私は、シュウェップスをおすすめします。
一瓶でカクテル3杯くらいは作れますね。しっかり栓さえ締めておけば、長持ちもするはずです。
レシピとしては適量、となりますが、ジンの3〜4倍ほど注いでください。

4、氷を入れる

氷は最後に入れてください。
氷の上から、トニックウォーターを注ぐと、炭酸が飛んでしまいますので。

トニックウォーターの炭酸が材料を混ぜ併せてくれますが、最後に軽く炭酸が飛ばないように意識しながら混ぜてください。


トニックウォーターをソーダに変えると、ジンリッキーというカクテルになります。ぜひこちらもお楽しみください。

呑む焼き菓子、Amber





華やかさが特徴のスペイサイドモルトの中でも高く評価される「ザ・マッカラン」。
そのマッカランにメープルシロップとナッツを加えたリキュールが、Amberです。

栓を抜いた途端、部屋を支配する薫香。
口に含むとまずメープルの濃厚な甘み、ナッツの香ばしさに満たされます。
嚥下してするとしっかりと主張してくるマッカランの香りが見事です。

デザートして呑むリキュールとしてはこれ以上はないと思うし、度数もしっかりとしているので、ナイトキャップにも最適です。

けっしてテキーラのショットのように飲み干さないでくださいねw


なんかアフィリエイトっぽい文章ですが、ただたくさんの人に呑んでもらいたいだけですので。

楽天市場での値段は、昔に比べると下がってきてます。昔は、9000円くらいでした。
オススメですので、ぜひ一本。
女性にもきっと喜ばれると思います。

【楽天市場】アンバー マッカラン の検索結果:通販・インターネットショッピング

記事検索
スポンサードリンク
定期購読はこちら
follow us in feedly