やはり、写真を共有することは楽しい。

写真を共有するという行為に、ここ数週間ずっと悩まされていたけど、今日やっと一つの答えがでた。

やはり、写真を共有することは楽しい。

知り合いがこんな写真あげてるんだ!
なんでこんなの持ってんのwww

ある程度の関係性の中であればそこで共有できる価値観は当然多いし、安心して自分の持っている写真を公開できる。笑いや共感のポイントも多い。

やっぱり写真を見せ合うのって楽しいなぁ。

あんたバカぁ!



「細かすぎて伝わらない」と言うほど、細かくはない。
ただ上手すぎて、笑えない。
「お笑い」芸人ではないかもしれないけど、芸人さんであることは間違いないですね。

「桜」というコンビの稲垣早希さんとおっしゃいます。

アニオタの天津・向とエヴァ漫才の桜・稲垣の妄想コント‐ニコニコ動画(秋)

全男子の40%にはグッサリと刺さるお方でございます。

それにしても天津はコンビの立場ががらっとかわっちゃいましたね。。。

京都府舞鶴市が、やややっちゃってる件。

舞鶴防衛戦隊 チャッタマン 出動!! 【公式ブログ】:チャッタマンについて - livedoor Blog(ブログ)
メンバーは、 赤れんがレッド 舞鶴湾ブルー しだれ桜ピンク 肉じゃがイエロー
京都府舞鶴市のローカルヒーロー、チャッタマンです。 赤れんがレッド!って、すでに赤言うてもうてるし!!

まあ、それだけですけど。

デーブスペクター

黒船が
空母になったと言う人の
出身が埼玉という
噂は尽きず

母さん、母さん、どこへ行た。紅い金魚と遊びませう。
母さん、帰らぬ。さびしいな。金魚を一匹突き殺す。
まだまだ帰らぬ。くやしいな。金魚を二匹絞め殺す。
なぜなぜ帰らぬ。ひもじいな。金魚を三匹捻ぢ殺す。
涙がこぼれる。日は暮れる。紅い金魚も死ぬ死ぬ。
母さん怖いよ。眼が光る。ピカピカ、金魚の眼が光る。
ピカピカ光る眼に映る。涙をこぼす姿が映る。
母さんがいる、くるしいな。金魚を四匹踏み殺す。

小さな胸を錐で突く。
細い首を縄で括る。
か弱い体を捻じ上げる。

金魚や金魚、どこ行た。紅い金魚が見当らぬ。

金魚や金魚、どこ行た。

そもそも携帯の写真は、公開するつもりのないもの。

携帯電話のカメラ機能4人に1人は「必要ない」 - japan.internet.com デイリーリサーチ
次に所有している携帯電話のカメラ機能に満足しているのかを聞いてみた。「満足している」ユーザーは56.63%(589人)、「満足していない」ユーザーは43.37%(451人)で、満足していないユーザーもかなりいるようだ。


満足していないユーザーの理由は、
「画素数が低い」279人、「画質(ノイズ・色味)がよくない」266人
というもので「綺麗な写真、とれへんやん!」という不満と考えて良いと思う。

そんなユーザーも含めて、何を撮影しているかというと大方が

  • 記念撮影

  • メモ


だそう。

両者とも、極めて公開性が低いものであることは言うまでもない。
記念撮影はおそらく、家族や仲間内の物だろうし、メモは個人的なもので公開を想定してはいなだろう。

もしこれが、高画質の撮影のカメラが出れば、皆、公開するのだろうか?
電話付きデジカメみたいなものがでれば。

ケータイのカメラ機能のメリットは「手軽さ」より「気軽さ」だろうし、だからこそシャッター数と Web で公開される写真の数に雲泥の差が出るんだと思う。

条件反射的にカシャリ。

そんな写真で公開しようと思うものがそもそもなくて、ネタ的に面白くても、写メとか直接見せたりなのかも。

そういう意味では、http://f.hatena.ne.jp/twitter/は、まさに会話の中で、ネタ写真を見せられるツールだなぁ。

ケータイのカメラをポジティブに捉えて利用できる理由を与えることが必要かなと思う。
画質悪いからできることとか、画質悪くても問題ないテーマでの撮影とか。

あえて、ケータイで撮影してます。今日から。

1億総カメラマン時代は、2000年から

ケータイにデジカメが初めてつけたのは、J-フォンで2000年11月に発売されたシャープのJ-SH04。
翌月、京セラのC313Kがパシャパというアタッチメントと同時に発売されて、これは10万画素だった。

当時は、「ケータイにデジカメ付けても使わないよ」と言われていたらしい。

01ねん12月に発売された三洋電機のTS11は、撮ってそのままp@bitで画像が送信できた。


メガピクセル携帯が発売されたのが2003年で、今や必須機能。

1億総カメラマン時代。いつでも写真がとれる時代になりました。

今、興味があること


  • クローズドなWeb サービス

  • 日本のムラ社会における「安心感」の醸成

  • ホスピタリティ

  • 携帯電話での写真撮影

  • 『博物誌』、『山海経』、『和漢三才図絵』



Webと民俗学、博物学か。

というか、Webと澁澤龍彦じゃないか。

澁澤龍彦のなんか作ろう。

そのシーンは、意外と多い

ブロガー御用達、オフタイムに利用できる写真入りミニ名刺サービス - VENTURE VIEW
 最近、ミニ名刺をもらう機会が増えた。ミニ名刺とは、お菓子のミントタブレット「FRISK」のケースと同程度のサイズをした名刺の総称で、片面には写真を入れられることが多い。

 このブームの先駆けはイギリスの「MOO.com」。写真ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のFlickrにアップされた写真などを簡単に印刷できる。このサービスは2006年ごろから注目されはじめた。

 日本でもブロガーがこぞって利用しはじめ、多くの利用者を集めた。ビジネスの名刺ではなくオフライン用の名刺として持つことで、イベントやオフ会などで重宝されているようだ。また、自分が撮影した写真を印刷するという点で、一種のPRや話のネタにもなる。

 日本の企業ではspice lifeが「pocketer(ポケッター)」というサービスを展開している。値段は25枚で1000円ほど。ウノウが運営する画像共有サービス「フォト蔵」やLivedoorの「livedoorPICS」との連携もしている。



livedoor PICSでは、「写真で作る、かわいいミニ名刺 pocketer」から製作することが可能です。

私自身オフ会用だと思っていたのですが、案外プライベート用の名刺というのを渡すシーンが多いことに気づかされる毎日です。

自分の撮った写真を使えるから、2重のアピールができますね。会話のネタにも是非、ご利用ください。

写メ詐欺は、ケータイだからできるんだ。

★ちあきんぐBLOG★:おはよぉ‐ - livedoor Blog(ブログ)
ってか、スッピン綺麗くないよ!
写メだから肌荒れわかんないだけで
乾燥で皮膚がぼろぼろで(´;ω;`)
たまに皮膚科のステロイドとかぬらなあかんレベル。
でもぬったらニキビになるし塗らないとやばいし
なんて弱い顔面の皮膚なんだぁ・・・
最近シミがでてきたし・・・・・・・・・
まじ、写メ詐欺なだけですよぉ!!


ケータイのカメラが、デジイチやコンデジと比べて写りがよくないのは周知のこと。

ただ、それをネガティヴに捉えるのではなく、セルフプロモーションに積極的に利用している人たちがたくさんいることを、見逃す手はない。

プリクラは、写りを補正してくれているからこそ、利用されている面もあるだろうし。

写メ詐欺は、ケータイだからできるんだ。
写し方にもテクがあるだろうし。

ケータイだからこそ。

定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク