age嬢から「盛り」を学ぶ

Pipes: ageha Feed

yahoo!pipes を使って、『小悪魔ageha』モデルのブログ feed をまとめました。
アメブロの feed に混じっている広告は、削除していますので、見やすくなったかと。

Get as RSS

から、ご登録ください。

自己啓発からキャバクラでの話題集めまで、ご利用いただければ。



「プロの犯行」

pixivに何故プロが投稿するのか、考えてみた。

1.自由にやりたい



プロといっても、大先生ではない人たちはおおかた委託されてイラストを書いていると思う。

こういうイラストお願いします...

そんなん嫌や、ワイは自由にやりたいんや!!

それで投稿するのかもしれない。

2.それは、儀式



pixivを見ていたプロは、そこにひたむきにイラストに取り組んでいた過去の自分の姿を投影するのかもしれません。
自分を生み、育てた環境がそこにあると考えたなら、そこに一度戻ってみたいと思うのではないでしょうか。

好きなイラストを書くためにイラストレータになったのに、イラストレータであるためにイラストを書く毎日...

目の前には自由にイラストを書き、評価されている人間がいる。
俺はこうなりたかったじゃなかったのか。

かつての自分を取り戻すため、プロはpixivに投稿します。

それは情熱を更新し、自分の中の物語を再構築するための儀式なのです。
祭りで民族や地域の物語が更新されるのと同じことかなと思いました。


こればっかりは聞き取りしないとなんともいえませんが。

Webに種を撒く、穀物神としてのmixi

Web リテラシーが高くない人に、Web の機能や仕組みを説明する際、唯一無二の方法は、

mixi に例えること

ブログってなに?
mixiの日記みたいなもんだよ。

Twitterって何?
mixiのエコーだよ。


よく考えてみてください。
mixiには、Webの全てがあるような気がしませんか?
ブログもニュースもプロフィールも写真も動画も、出会いだってありますよ。

gree が人気なのも、mixi+ゲームだからじゃないですか?
そんな気さえしてきました。


性格分裂神である素戔男尊を Web に見立てるならば、mixi はその子、宇迦之御魂神と言えそうです。
日本全国の稲荷の祭神である彼女は穀物神。その要素のまま mixi は人々に Web の種を撒きました。

また、宇迦之御魂神は切断されたその五体から五穀を生んだといいます。
日記を書く楽しみも、写真を公開する喜びも、今まさに mixi が育んでいる。
そう考えると、今、mixi に満足しているユーザーが、より専門的なサービスを求め移行する日も近いのかもしれません


おとんが、謝る。

おとんは、短気でサディストな暴君だと思ってました。
自分が成長したら、まあそれほどでもないかなという気持ちにはなりましたが、柔和とか温厚とは思えませんでした。

それが、最近、すぐ謝るんですよ。

息子の私に謝るんですよ。

ごめん。
ごめんなさい。

って。


しばらく合わへんうちにどないなったんや。


変な喪失感でいっぱいです。

簡単という原始性

つぶやける場所である Twitter で発言することに慣れると、ブログにおいても長文でつぶやくことに何の危機意識も持てなくなってしまうんじゃないか、と思った。

ひとことは、言葉であって、個性がない。意味を類推する材料がない。

長文になってしまえば、それは「あなた」だ。言葉と言葉が誘導して肥大する。
言霊が巨大になって、呪詛になる。

昔、ブログは情報発信に貪欲な人のためのツールでしかなかったけど、多くの人が使うようになると、「王様の耳はロバの耳」の穴に使う人もでてくる。

でも。

その声は誰かに聞かれていて、誰かに呪われているかもしれないよ。

簡単という原始性は、底知れぬ恐怖を持っていますね。

web3.0らしいjimboを試してみた!

web3.0(!)で話題の、jimdoを使ってサイトを作ってみた。

ピクチャ 14


内容は、週末お世話になっているスロコメ。
>http://slowcomedy.jimdo.com/

感想としては、「そこそこのものはちゃんとできるじゃないか!」とい感じ。

これまでもweb上でサイトが作れちゃうサービスはありましたが、これはドラッグ&ドロップだけでそれなりのデザイン性があるサイトを作りつつ、コンテンツとしてWeb2.0なサービスを簡単に組み込めていけます。

この、Web2.0サービスを組み込めて行けるというのがポイントでしょうか。
flickr、You Tube、Google Maps、del.icio.usくらいしか選べるサービスがないのですが、欧米のサービスで他に何がサイトに組み込みたいんだと言われると、また困っちゃうなぁというとこですね。

「簡単にサイトを作りたい層」と「web2.0サービスユーザー」がかぶるのかという疑問もありますが、そこにニッチなニーズがあると踏んでいるのかもしれません。

月額945円の有料プランになると、独自ドメインが使えて、広告も非表示にできます。
何はともあれ、簡単に作れるので、独自ドメインが使えるなら・・・という思いは出てきますね。

私は、ブロガーになりたい。

「ブログ書いてみぃやー」
「・・・えー、でも何がおもろいん?」

そう言われた時に、ブログを書くことでどれだけハッピーになるかを語るのが私たちの仕事の一つだと思っています。
そして、それがlivedoor Blogでなら実現できるよ、とプレゼンできれば最高ですね。

なのに。
忙しいからと、ネタがないから、とブログを書かない日があっていいのかと、今さっき思いました。

どうやって記事書いてもらうかを考え、ネタを提供する仕組みを作りながら、ネタがないと言ってブログをかかないなんて情けない話です。

こうしてる今だって、上には共通テーマがでているんですから。


今年の抱負は、「ブロガーであること」でした。
今日から毎日ブログを書きます。
私なりに意味があると思ったエントリーを毎日あげます。

じゃないと、ブログの面白さを伝えられないと思うのです。
「機能にくわしい人」よりも、ブログでの面白い経験を伝える人に私はなりたい。
そのためには、何はともあれ書かないと。

男は、流行を生めないのか。

男は、流行を生めないのか。
最近、そう考えています。

『egg』のカリスマモデル益若つばさがもたらす経済効果は、200億円だそうです。
『小悪魔ageha』のカリスマモデル桜井莉奈が紹介する商品は、水商売の方に大人気だそうです。

でも、『men's egg』のモデルが話題になるほどの経済効果を生んだなんて聞いたことがありません。
男だって買い物するでしょう。流行ものが好きでしょう。

男が勧める物を、男は買わない。

男は男が好きなものをわからない。


女性と比較すればどう考えても、購買パターンは単純なのに・・・と考えるのは表層しか
みえていないのであって、大半の男に「ささる」ものは、大々的にPRできないものばかりなのかなぁと思ったりした。



下北沢「スロコメ」に入り浸る週末




下北沢の片隅にあるカフェバー「スロコメ」に入り浸った週末でした。

サブカル好きな「さぶかるちゃん」にはたまらない空間なはず。
やっすいブックカフェだと思ってぜひ、いってみてください!




昼間から、青リンゴビール飲みながら漫画を読む。
なんという自堕落な休日!
自堕落万歳!!

カレーは隣にある「般°若」(ぱんにゃ)のチキンカレー。
頼めば隣から持ってきてくれるのです。900円也。

般°若は、松尾貴史さんのお店で、スロコメにも来られるそう。
新顔の私はまだお会いしたことはありません。
オーナーの須田さんにも今日初めてお会いしましたし。

夜は人がどかんとやってきますが、昼は相当暇です。
店員(一人だけ)の中本こーすけ君のお話相手になってあげてくださいw

開いているか開いてないかわかんないですが、どうも定休日とかはないようです。

お昼は12時くらいから。

iPhone×Eye-Fi×livedoor PICS

livedoor PICSが無線LAN内蔵SDカード「Eye-Fi」からのアップロードに対応しているのはすでにご存知と思います。
そう、信じています!

なんとiPhoneアプリとして、Eye-Fiマネージャーが使えるものがあることをさっき知りました。
※App storeで「Eye-Fi」で検索してください。

すでにEye-Fiをお使いの方向けになりますが、すでにEye-Fi経由でPICSに写真をアップされている方は、iPhoneからでもさくっとアップすることができますので、ぜひお試しください!

ちなみに下のがあげた写真。



iPhoneアプリはおもしろな写真がとれるのが多いので、まともな写真はやめて、こういうのを撮ることにしています。

おすすめ写真アプリはまたご紹介します。

定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリー
スポンサードリンク