自宅ジントニックのススメ

外で呑むより家で呑む方が安いわけです。
一杯5,600円も出して薄いカクテル呑まされるなら、家で自分で作った方が断然旨いし。

というわけで、「自宅ジントニックのススメ」をお話します。

1、ライムは、生がいい


ジントニックの味を決めるは、ライムです。
こればかりは少々値が張っても、フレッシュライムを使いたいものです。しかし、すぐに痛んでしまうので、もったいない。
そこで、私はエトナ・シシリーライムジュースを使っています。100% フレッシュライム果汁です。
けっして、合成ライムやコーディアルライムは使わないでください。
ライムはしっかりと効かせたいのですが、いれすぎると苦くなります。計ったことがないのですが10mlくらいかなと思います。

2、ジンを用意する

ジンは、ジュニバーベリー(ネズの実)で香りづけした蒸留酒、というのが定義ですが、銘柄によって随分と風味が違います。
どのジンを選ぶかによって、ジントニックの味も相当変わるわけですが、トニックの苦みを生かすためにも、風味は軽めのジンをオススメします。
以下にあげるジンは、私のオススメですが、ストレートやロックで楽しむジンであればまた別のものになります。

・ゴードンズ

ゴードンズはお安めですし、風味も凄く軽いです。ジャブジャブ呑めます。黄色のラベルのゴードンズはどんな酒屋にもありますが、緑色のボトルに白いラベルのゴードンズを見つけた時は、ぜひご購入をおすすめします。
緑のゴードンズは、イギリス国内消費用のもので、度数が低め、風味もより軽やかです。値段は倍くらいして3,000円くらいになってたりしますが、ジントニックやジンリッキーには最適なジンだと思います。

・タンカレー

200年近い歴史を持つ老舗ブランドですが、こちらもすっきりしたジンです。ただ当時に力強さもあるので、しっかりとジンを楽しみたい方にオススメです。
こちらもお安く1,200円くらいではないでしょうか。
バーよっては、夏はゴードンズ、冬はタンカレーと重みによって使い分けるところもあるようですね。
フランク・シナトラが愛した酒としても有名です。

これらのジンを45mlコップに注いでください。
ジントニックは難しいカクテルではありませんが、それでも分量は重要です。

3、トニックウォーターを用意する

トニックウォーターは苦みと甘みのある炭酸飲料です。
銘柄によってやはり苦みのバランスが違いますが、私は、シュウェップスをおすすめします。
一瓶でカクテル3杯くらいは作れますね。しっかり栓さえ締めておけば、長持ちもするはずです。
レシピとしては適量、となりますが、ジンの3〜4倍ほど注いでください。

4、氷を入れる

氷は最後に入れてください。
氷の上から、トニックウォーターを注ぐと、炭酸が飛んでしまいますので。

トニックウォーターの炭酸が材料を混ぜ併せてくれますが、最後に軽く炭酸が飛ばないように意識しながら混ぜてください。


トニックウォーターをソーダに変えると、ジンリッキーというカクテルになります。ぜひこちらもお楽しみください。

呑む焼き菓子、Amber





華やかさが特徴のスペイサイドモルトの中でも高く評価される「ザ・マッカラン」。
そのマッカランにメープルシロップとナッツを加えたリキュールが、Amberです。

栓を抜いた途端、部屋を支配する薫香。
口に含むとまずメープルの濃厚な甘み、ナッツの香ばしさに満たされます。
嚥下してするとしっかりと主張してくるマッカランの香りが見事です。

デザートして呑むリキュールとしてはこれ以上はないと思うし、度数もしっかりとしているので、ナイトキャップにも最適です。

けっしてテキーラのショットのように飲み干さないでくださいねw


なんかアフィリエイトっぽい文章ですが、ただたくさんの人に呑んでもらいたいだけですので。

楽天市場での値段は、昔に比べると下がってきてます。昔は、9000円くらいでした。
オススメですので、ぜひ一本。
女性にもきっと喜ばれると思います。

【楽天市場】アンバー マッカラン の検索結果:通販・インターネットショッピング

ポニョは、ホラーやん。(まだ見てないけど)

映画「崖の上のポニョ」公式サイト

噂の「ポニョ」。
可愛いテーマソングだけ聞いてると、子供向けファンタジー映画だと思ってしまうし、多くの人はそうだと思っているのでしょう。

私はまだ見てないですが、「王様のブランチ」で映像を見た限り、あれはホラーだろうと思いました。

エロスとタナトスの象徴である海を舞台にして、奇怪な生物が跳梁跋扈するホラーです。
いや、あれは生物ではなく妖怪の類いでしょう。まことに恐ろしい映像だと思いました。


子供泣くで、あれは。
まだ見てないけど。

名前の由来を書いてみる。

 「2xup.org」の上ノ郷谷さん発で「ドメインの由来を話そう」ってことなんですが、ご覧の通り、現在は独自ドメインを持っていません。
 なので、サイト名の由来を書かせていただきます。「なんで、鯵?」と聞かれることもありますので。

どうして「鯵」なのか。


 サイト名について一番言われるのが、これです。確かに何故に魚!?かもしれません。
 

  • »agitationしたかった。

  • »大衆に愛されたかった。

  • »開かれた存在でありたかった。



 を考えて、「鯵」とつけました。
 そもそもブログ開設当時は「鯵!」というサイト名でして、鯵でググると1位に表示されてたんですよ。

「環境民俗学ヲ嗜ム」って・・・



 銘打っている割には、専攻というわけではありません。専攻は、環境社会学・・・だと思います。
 ただ、パイオニアである鳥越先生の本は結構読んだつもりですし、直接講義も受けました。
 学位は修士ですし、修士論文も環境民俗学をベースにしていると自認しています。でも、なんか断言できない。自信もない。
 それで「嗜む」としました。
 なんともまあ、逃げ腰ですことw

twitter、始めました。

 twitter、始めました。
 http://twitter.com/aji

 どなた様も、ガシガシ登録してくださいませ。

京都精華大学に・・・コンビニ!

 sheepさんが、「職場にコンビニが入った。」と言う。
 昔、学生課があったとこだ。

 このコンビニをとっと営業不振で潰してこそ、環境社会学科だぞ、諸君。

 なんて、煽ってみる。
 とりあえず、マイバッグの義務化くらいはしないと格好がつかないような気がします。


「リキュール」−新作映画



 木村カエラと加藤ローサが競演なんて、絶対見たい!
 どうもホラーみたいなんですが、いったいどんなお話なんでしょうか。
 チュートリアルの徳井さんとの共演も楽しみです。

 ゴールデンメッセ劇場では、こんな予告篇がいろいろ作れちゃうのが素敵でございますな。

iddyにプロフィールを登録しました。

 巷の若人は、プロフといってWeb上でプロフィール公開しているらしいです。功罪あるんだろうけど、ほどほどであればコミュニケーションの促進になるでしょう。

続きを読む

投票フォーム、設置しました。

 ネタ作り、というのも兼ねまして、環境問題にまつわるアンケートを行えるフォームを設置することにしました。
 まずは、こちら。



 サイドバーにも貼り付けておきますので、よろしければお気軽に参加してみてください。

好きじゃなくてもやるべきか。

 「背景が黒い「Black Google」は地球を救う」という記事より。


ウェブページにはさまざまな色が用いられていますが、なんと表示する色によって消費電力が異なるそうです。たとえばGoogleの背景が黒になっただけで、下がる消費電力はかなりのものだとか。だいたい年間30万ドルほどだそうです。


 背景が白いWebページを表示する際の消費電力が74Wの場合、黒いWebページであれば59W。その差はたった15Wですが、1日2億PVのGoogleが黒背景にすれば消費電力の節約量は、確かにとんでもないものになりますね。その量、3000MW/h。
 環境問題を考えるサイトってのは、白っぽい背景が多いように思いますが、イメージではなく本質で迫るならば、黒にするのも選択肢かもしれません。
 

定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク