帰省にピッタリ!東京駅でしか買えない東京みやげベスト10

yokumoku

お盆などの帰省を前にいつも頭を悩ませるのが東京土産。
いつもいつも「ごまたまご」や「東京ばなな」では芸がないし、「それ、こっちでも買えるよ」と言われるのも嫌・・・
できれば東京駅でしか買えない限定モノをお土産にすれば、地元の人にも喜んでもらえるし、一目置かれるというものです。
ちょうど「ヒルナンデス!」で「東京駅でしか買えない東京みやげ売れ筋ベスト10」をやっていたのでまとめておきました。
お土産にするにはもったいない、自分で食べたいような美味しそうなものばかりでしたw続きを読む

京都の夏の味覚「ハモ」を手軽にイートイン!錦市場の「鮮魚木村」

nishiki

「京の台所」と言われる錦市場。
とはいえ「台所」になっているのは料亭くらいものだろうというのが近くに住んでいたものの感想ではあるのですが、それでもかしわ屋さん(鶏肉屋さん)やお惣菜など普段使いされるお店も300年以上の歴史があるのはさすが京都です。
そんな老舗が多い錦市場ですが、さすがに平成の世まで生き残ってきたのは伊達ではありません。
抜群の柔軟性と対応力を持っているのです。

京都旅行で外せない観光地となった錦を支えているのは、お土産とイートイン。
京都の味を気軽に歩きながら楽しめるのが魅力ですね。
続きを読む

京菓子界の風雲児「鍵善良房」の干菓子「うつろひ」にうっとり

写真 2014-07-18 21 36 14

祇園の一角で京菓子を作り続けている「鍵善良房」。
創業が享保年間という老舗でありながら、常に挑戦的な姿勢で京都内外にその名を轟かせています。
その鍵善良房がカフェを開いているのは以前に、こちらに書いたとおり。
「ZEN CAFE」(京都)老舗の和菓子をモダンに楽しめる隠れ家カフェ

今回はZEN CAFEの隣にある「Kagizen Gift shop」をご紹介しましょう。続きを読む

旅行のマストアイテム「手ぬぐい」を京都の老舗「永楽屋」で買った

写真 2014-07-18 21 26 11

この季節のみならず、旅行に必ず持ち歩きたいのは「タオル」です。
汗や手を吹くといった用途から割れ物などの土産物をくるんだりなぢいろんな用途につかえて便利ですが、旅先での洗濯や濡れると重たくなるなど留意すべき問題点もあります。
そんな問題を解決すべくアウトドア情報誌では、速乾性のあるタオルと同時「手ぬぐい」を推奨していました。
京都にはデザイン性が高い手ぬぐいを扱う店が多くありますので、現地にてゲットです。
続きを読む

「一三〇」(京都)すっきりスープは魚介のみでも旨味十分!それに合わせる自家製麺も美味しかった

写真 2014-07-19 11 57 19

腹を空かした学生に喜ばれるために生まれ進化してきた京都ラーメンが、濃厚であるのは仕方ないことです。
そして、そのカウンターとして優れた淡麗系ラーメンが萌芽するのもまた当然の流れかもしれません。
北白川の「一三〇」(いさお)は、魚介オンリーのスープとそれに合わせたこだわりの麺のお店です。続きを読む

定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
カテゴリー
スポンサードリンク