ゆきふる

セブンイレブンの「台湾麺線」が旨すぎて虜になってしまった

IMG_4226

食通の友人が絶賛していたのが、セブンイレブンで販売されているカップ麺「台湾麺線」。
私には未体験の食べ物だったのですが、いざ食べてみるとこれがなんとも絶品だったのです。
続きを読む

ほぼ日が惚れ込んだ傘!3月末に「モンベルの傘の店」を期間限定でオープン

31

上場したことで話題になった「ほぼ日」が、日本が世界に誇るアウトドアブランド「モンベル」と手を組み、傘にフィーチャーした期間限定ショップをオープン。
2017年3月24日・25日・26日に六本木ヒルズで開催される「生活のたのしみ展」において、モンベルの機能的な傘を紹介するんだそうです。
元々は糸井重里さんが、モンベルの折り畳み傘のユーザーでありその素晴らしさは経験済み。
これを日常使いに提案したいとのこと。続きを読む

ガレージブランドが一堂に会する「山の道具展」が、3月15日から開催

55

これちょっとした「off the grid」やで・・・
稲村ヶ崎にある器と雑貨の店「VIVAHDE(ヴィヴァフデ)」がアウトドアで使えるオリジナル食器シリーズ「山のうつわ」の発売を記念し、人気ガレージブランドが一堂に会するイベント「山の道具展」を開催します。
なかなか、これだけのブランドが集まることはないでしょうし、展示だけでなく販売も行われるということで、要チェックです。
会期は3/15から3/20まで。
店舗の場所は、江ノ電稲村ヶ崎駅の改札を出てすぐのところとなっています。続きを読む

「はなもんや(新宿)」個室焼肉屋でゆったり牛タンハンバーグを食す

IMG_4141

和牛一頭買いの焼肉屋「はなもんや」でランチ。
新宿ミライナタワーのふもと、新宿ユースビルPAX の6Fにあり、個室でゆったり食事を楽しむことができます。
意外にも、1000円ちょいの価格設定でお買い得です。続きを読む

【動画】あなたは間違っている!これが緩まない靴紐の結び方だ!

48

outdoorgearzine にて、ほどけにくい靴紐の結び方についての詳しい解説がありました。
普段、サロモン「X ULTRA MID 2 GTX」を履くことが有るんですが、丸い靴紐でほどけやすいんです。
レインブーツ的な使い方もしていて街中でも履くことが多く、すぐに解けるのはかなりストレス。山中だと言うに及ばずです。
続きを読む

アクシーズクイン2017秋冬の「あぐらスカート」がオシャレすぎて気になる

19

まだ春夏アイテムも店頭に出揃っていないような現状ですが、アウトドアブランドはすでに2017秋冬のラインナップを発表しつつあります。
独自の「凌ぐ」という概念を掲げ、ユニークなウェアやギアを提案する「アクシーズクイン」が2017年秋に発売を予定しているのが、「あぐらスカート」(名称は正確でない可能性があります)。
続きを読む

「ALDO(表参道)」本場のペルー料理をリーズナブルに!思った以上に、馴染みやすい味だった

IMG_4126

表参道で綺麗な外国人女性に声をかけられ、誘われた地下のお店。
いかがわしいお店ではなく、隠れ家的なペルー料理屋「ALDO(アルド)」でした。
日系3世で長くメキシコ料理屋で腕を奮っていた日系ペルー人3世の浦田アルドさんがオーナーシェフ。
日本語が堪能な先程の女性は奥様でしょうか。

ペルー料理というのはあまり印象がなく、渋谷のミラフローレスくらいでしょうか。
続きを読む

蒲田くんがあなたの指にからみつく!「ちびっとシン・ゴジラ(第2形態)」

IMG_4135

下北沢のヴィレッジヴァンガードで、「ちびっとシン・ゴジラ(第2形態)」を発見。
200円で出来るガチャガチャですが、日本アカデミー賞7冠「シン・ゴジラ」の主演男優である蒲田くんの可愛いフィギュアをゲットできるプレミアムなものです。
続きを読む

「きたかた食堂(神保町)」これが究極の組み合わせ!醤油ラーメンと本マグロのセットが素晴らしい!

IMG_4092

神保町に去年オープンした「きたかた食堂」へ。
その名の通り喜多方ラーメンのお店ですが、ユニークなのはラーメンにマグロを合わせることをテーマにしたお店だということ。
系列店が十条や新橋にもあり、そちらでもマグロ推しではあるとのこと。しかしここが一番鮮明にマグロを推しているようです。続きを読む

ULハイキングの先駆け!?アライテント「軽量装備の夏山テント山行のススメ」が10年ぶりにリニューアル

41Mjg-bMbgL

登山やハイキングにおいて「ウルトラライト」の潮流は、もはや一部の人間にのみ実践されるものではなく、また一時のブームでもなくなってきているように思います。
現在のアウトドアウェアやギアは、マスブランドのものであってもそもそもが軽量化されており、カリカリに重量を削った「ウルトラライト・ブランド」のものを用いずとも、それなりの軽量化は図れるものです。
自分の経験や体力、向かう山域によって装備を厳選するのは安全のために当然ながら、そりゃ装備の重量は軽いほうがラクだし、遠くまで早く歩けるよねということが広く理解されてきたのではないでしょうか。

続きを読む

定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク