後輩がNPOをするそうで。

 大学院の後輩たちが、NPO法人を設立するらしい。
 かねてからイメージらしきもの・・・という曖昧なレベルで話は聞いていたけど、ついに実行に移すよう。
続きを読む

人口減少が公共交通機関を破綻させるのか。



 にわかに盛り上がりを見せている地方における交通問題。
 公共交通機関が充実している京都市に住んでいるものとして、年に数回訪れるある地方の公共交通機関のあり方は納得しがたいものがある。
 何故、あれほどまでにバス代が高く、本数が少ないのか。それなりに観光資源があるのに、あれでは宝の持ち腐れではないのか。
続きを読む

「リキュール」−新作映画



 木村カエラと加藤ローサが競演なんて、絶対見たい!
 どうもホラーみたいなんですが、いったいどんなお話なんでしょうか。
 チュートリアルの徳井さんとの共演も楽しみです。

 ゴールデンメッセ劇場では、こんな予告篇がいろいろ作れちゃうのが素敵でございますな。

動物園も「自然」と言いたい。

 「ホッキョクグマ:人工飼育巡りドイツで論争」という記事より。
ベルリン動物園で生まれた赤ちゃんホッキョクグマの人工飼育を巡りドイツで論争が起きている。発端は一部の動物愛護団体が「人工飼育は自然の法則に反する」と安楽死を主張したことに同園が反発したこと。助命を求める手紙やメールも園に殺到。23日の初の一般公開では、愛くるしい表情が人気を集めた。


人間も含めて、自然。


 道端で、巣から落ちたであろう雛鳥がいて、生きている。そのとき、私の取る事ができる選択肢はせいぜい4つでしょう。

  1. 無視する

  2. 巣を探し、見つかれば戻す

  3. 持ち帰り、飼育する

  4. (京都であれば)野生鳥獣救護センターに搬送する


 
 自然の摂理という意味では、巣から落ちた雛鳥は死んでしまう定めなんでしょうから、助けないほうが良いのかもしれません。
 ただ、それはいかにもキリスト教的な考えだろうと思います。前人未到の原生林であれば話は別ですが、人間が生活している地域の場合は、人間も含めて自然であり、人間は自然の埒外という考え方はいかにもキリスト教の人間中心主義的な考え方でしょう。


 

続きを読む

コメは守られているのか

 「形を変えた「米食」流行 高校生開発の米粉パンも販売」という記事より。

米粉でつくるパンや洋菓子の商品化が相次いでいる。高校生のアイデアで生まれた米粉パンがコンビニで売り出されるなど、取り組みは多彩。消費者の米離れに悩む国も、形を変えた「米食」に注目している。
 米粉は上新粉や白玉粉など米を粉にしたもの。熊本県立鹿本農業高校(同県山鹿市)が「農家のため、米の消費を何とか増やしたい」と、部活動で開発した米粉パンが6月にも、地元コンビニエンスストア、エブリワン(熊本市)の九州地区220店で販売される。


 アイデアを絞るのは良いけど、ここまで食生活が多様化してしまった今、そこまでして必死に「米食」を推進する意味があるのかどうか。何故、ここまでコメを食わせたいのか、という疑問が浮かびます。
続きを読む

沈み行くツバル

 「海面上昇で最初に沈む国、と呼ばれる、南太平洋のツバル」という記事より。
ツバルは人口約1万人。首都フナフティがあるフォンガファレ島は、南北25キロ、東西18キロのフナフティ環礁にある三日月状の島だ。毎年2、3月の大潮は最も干満の差が激しく低地は必ず浸水する。
ツバルでは93年以降、海面が7〜8センチほど上昇した。島の標高は平均1〜2メートルで高くても3メートルほど。サンゴ礁のかけらや砂でできたもろい地形だ。浸食で海岸がえぐれ、ココヤシが倒れていた。


 海面上昇の影響を大きく受け、国土水没を目前にしているツバル。話には聞いていたわけですが、航空写真で見ると・・・なるほど、一波でさらわれてしまいそうな地形です。
 もともとが細長い地形なのでしょうが、侵食によってより一層細くなってしまったのでしょう。

ツバル


 欧州では温室効果ガス排出規制を強めるなど、気候変動に対する対策が講じられていますが、中国などは開発の権利を主張し足並みがそろっていないのが現状。
続きを読む

持たない暮らし〜環境問題篇〜

 『お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし』という書籍が、面白そうです。
 akiyan.comさんの記事を読むだけでも参考になるのですが、是非手に取りたいものです。
 これはlifehack系であると同時に、環境問題を考える上でも示唆深いと思います。孫引きになってしまいますが、記事の引用から私なりの考えを記していきます。

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
金子 由紀子
アスペクト (2006/12/01)
売り上げランキング: 410


続きを読む

個人的には必要じゃない、京都のベロタクシー

 「人力がエコ! 「ベロタクシー」横浜に登場」という記事より。
自転車タクシー、さっそうと横浜デビュー。「ベロタクシー」と呼ばれる三輪の人力自転車タクシーが、21日から横浜市内で運行開始する。国内では2002年に京都で導入されたのが最初で、北は仙台市から南は那覇市まで、16エリアで運行されている。21日には滋賀県彦根市でもスタートする。

 細かな道が多く、また一方通行だらけの京都市街地では、自転車もしくは徒歩、公共交通機関では市バス、地下鉄が便利です。
 ではベロタクシーはどうか、と言えば、あまり見かけないのが現状です。あくまで主観の域を出ませんが、土日の休日はほぼ終日と言っていいほど市街地をうろついているのですが、それでも利用されているところを見ません。現在は運行休止期間なので当然ですが、ちゃんとした運行期間でもあまり見かけないことには、少し不安を覚えます。

続きを読む

まだ、持続可能な漁法に対価は支払えない。



 「底引き網漁を見たことがありますか?」という記事より。


ふだん食べる魚がどこから来たものなのかは、スーパーではラベルを見れば分かるようになりました。しかし、どこから来ているかという以上に、どうやって捕られたものなのかも、気にした方がようさそうですね。


 環境保全という金にならない活動より、資源管理という漁業者の生活に直結する活動の結果として環境保全が実現するほうが、一挙両得と言えます。
 つまり、「環境に優しい漁業」(なんともむず痒いような言い方だけど)として漁業資源の価値を高めることで、少々高くとも消費者に納得してもらうのが良いんじゃないだろうか。
続きを読む

ホウキをススメられ。

 「 my broom report!! ホウキレポート!!」という記事より。

次はホウキ掛け。新聞紙を数枚水に濡らし、軽く絞ったのを細かく千切ってエイ!ヤー!と部屋中に撒きます(この作業が以外と楽しい♪)。部屋を掃きながら撒いた新聞紙を集めて最後に小さな手ボウキではりみに集め入れて、ゴミ箱へポイ!!こんな感じで毎日ホウキでのお掃除しています♪


 う、うらやましい。
 一人暮らしを始める際、掃除はホウキでするんだ!と意気込んでいたのですが、結局は、クイックルワイパーですorz
 部屋がタイル張りで、ベットやらテーブルやらで占拠されているので、ホウキが使いにくいんです。
続きを読む

定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク