MENUつくったー


af4a9c66.png

 今度やるbarのメニューを作った。イラレのフォントとブラシで。
 相変わらずのクリエイティビティの無さには最早驚きもしないけど、時間が無いからと妥協するのはデザインをする人間にはどうなのか。
 


MENUつくったー


5aee1180.png


 今度やるbarのメニューを作った。イラレのフォントとブラシで。
 相変わらずのクリエイティビティの無さには最早驚きもしないけど、時間が無いからと妥協するのはデザインをする人間にはどうなのか。
 


MENUつくったー


b6f99a5c.png


 今度やるbarのメニューを作った。イラレのフォントとブラシで。
 相変わらずのクリエイティビティの無さには最早驚きもしないけど、時間が無いからと妥協するのはデザインをする人間にはどうなのか。
 


MENUつくったー


b9e2f27f.png


 今度やるbarのメニューを作った。イラレのフォントとブラシで。
 相変わらずのクリエイティビティの無さには最早驚きもしないけど、時間が無いからと妥協するのはデザインをする人間にはどうなのか。
 


nowaしてみます。


 なんというかnowaを作ってる方から直々に招待してもらえるなんて、こんな光栄なことはないわけだけど、よくよく考えてみれば、初代のblogだって佐々木さんに勧めてもらったわけだし、livedoor blogに乗り換えたのも佐々木さんの影響。
 なんだったら、livedoor=佐々木さんであって、一時言われた「虚業」なんて言葉は不快極まりないものだった。
 というわけで、nowaしてみます。
 パっと見は、voxにtwitterがちょこっとくっついた感じ。でもきっと「それだけ」なはずがないし、これからもどんどん機能が追加されたり、洗練たりするだろうから楽しみです。
 これまで、日記というか雑感というか、環境問題以外のネタを書くblogが長続きしなかったので、こっちで書いてみようと思います。
 ひっそりと、それこそ、公開レベルの力をフルに発揮して、そりゃもう友人に見られたらキャラが壊れるようなことをねw


nowaしてみます。


 なんというかnowaを作ってる方から直々に招待してもらえるなんて、こんな光栄なことはないわけだけど、よくよく考えてみれば、初代のblogだって佐々木さんに勧めてもらったわけだし、livedoor blogに乗り換えたのも佐々木さんの影響。
 なんだったら、livedoor=佐々木さんであって、一時言われた「虚業」なんて言葉は不快極まりないものだった。
 というわけで、nowaしてみます。
 パっと見は、voxにtwitterがちょこっとくっついた感じ。でもきっと「それだけ」なはずがないし、これからもどんどん機能が追加されたり、洗練たりするだろうから楽しみです。
 これまで、日記というか雑感というか、環境問題以外のネタを書くblogが長続きしなかったので、こっちで書いてみようと思います。
 ひっそりと、それこそ、公開レベルの力をフルに発揮して、そりゃもう友人に見られたらキャラが壊れるようなことをねw


nowaしてみます。


 なんというかnowaを作ってる方から直々に招待してもらえるなんて、こんな光栄なことはないわけだけど、よくよく考えてみれば、初代のblogだって佐々木さんに勧めてもらったわけだし、livedoor blogに乗り換えたのも佐々木さんの影響。
 なんだったら、livedoor=佐々木さんであって、一時言われた「虚業」なんて言葉は不快極まりないものだった。
 というわけで、nowaしてみます。
 パっと見は、voxにtwitterがちょこっとくっついた感じ。でもきっと「それだけ」なはずがないし、これからもどんどん機能が追加されたり、洗練たりするだろうから楽しみです。
 これまで、日記というか雑感というか、環境問題以外のネタを書くblogが長続きしなかったので、こっちで書いてみようと思います。
 ひっそりと、それこそ、公開レベルの力をフルに発揮して、そりゃもう友人に見られたらキャラが壊れるようなことをねw


nowaしてみます。


 なんというかnowaを作ってる方から直々に招待してもらえるなんて、こんな光栄なことはないわけだけど、よくよく考えてみれば、初代のblogだって佐々木さんに勧めてもらったわけだし、livedoor blogに乗り換えたのも佐々木さんの影響。
 なんだったら、livedoor=佐々木さんであって、一時言われた「虚業」なんて言葉は不快極まりないものだった。
 というわけで、nowaしてみます。
 パっと見は、voxにtwitterがちょこっとくっついた感じ。でもきっと「それだけ」なはずがないし、これからもどんどん機能が追加されたり、洗練たりするだろうから楽しみです。
 これまで、日記というか雑感というか、環境問題以外のネタを書くblogが長続きしなかったので、こっちで書いてみようと思います。
 ひっそりと、それこそ、公開レベルの力をフルに発揮して、そりゃもう友人に見られたらキャラが壊れるようなことをねw


免罪符だとしても、やったほうが良い。

 「無料なものと環境のこと」という記事より。
じゃあ、使うなと言う話なのですが、そういう論理ではなく、
こうしたサービス(無料&広告モデル)を提供するときには、
木を植えるなりの活動をしているNPOに資金提供するような、
なにか社会貢献的な利益配分を少しでもしてくれたら、
なんとなく抵抗なくこうしたサービスが使えるんじゃないかなと思いました。

と、言うわけでこんなプランはいかがでしょう?
「無料&広告ビジネス運営会社によるバイオベンチャー投資グループ」


 「広告を掲載する代わりに、無料でします」ってサービスは、Web上では昔からあったけど、それが「物」にも当てはまるようになりました。
無料でコピーできる「タダコピ」や、カップ飲料が無料になる「メディアカフェ」なんかがそれにあたりますが、それらにはついては「廃棄物が増えるんじゃね?」「裏紙使えなくね?」という批判があります。
 「タダコピ」なんてまさにそれで。裏側に広告が入ってるから両面印刷できないし、ミスプリをメモに使ったりもできない。
 1枚で済むところを確実に2枚いる、というのは考え物です。

でも、それは免罪符


 で、上述した解決策。

「無料&広告ビジネス運営会社によるバイオベンチャー投資グループ」

 儲けた分を少しでも環境保全に役立てることができれば、ある程度の批判は免れるかもしれない。所詮、これは免罪符でしかなくて、資源の浪費には変わりは無いのだけど、何もしないよりかははるかに良い。
 バイオベンチャーと言わずに、NPOにも出資して欲しいもんです。

蛸壺オーナー制は、もっとギャンブルにしたら?

 「入るかどうかは神のみぞ…タコ箱オーナーを募集」という記事より。

北海道留萌支庁は道内有数の水揚げがある留萌沖のタコ漁をPRしようと、漁で使用するタコ箱のオーナーを7日から募集する。箱は縦40センチ、横30センチ、高さ19センチで、1箱5000円。タコが入っていれば、ゆでだこなどにしてオーナーに発送する。入っていなくても残念賞をもらえるという。


 もはや猫も杓子もオーナー制。蛸壺だって使えるんなら使わないと勿体無い、ということか。
 でも、棚田や茶畑と比べて、狩猟要素の強い蛸壺ってのはひょっとすると丸損しますよ。そのかわりチャンスは数多いわけですけど。
 もうこうなったら、一層ギャンブル要素を増やせばいいんじゃないでしょうか。一番大きな個体が入っていた蛸壺のオーナーには商品(地元の特産物)を差し上げるとかね。
 

でも、漁師って・・・


 漁師は猟師だ、というのが私の認識です。儲かる海苔の養殖を行わないのは「それが漁師の気質だから」という話も聞きました。
 他人の獲物を獲る仕事って、気持ち的にどうなのかなぁと、それが懸念されます。
 どっちにしろ売り物なんだから一緒といえば、そうなのかもしれませんが。

定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク