妖怪による漁獲圧の軽減

 志摩の海女さんの間には、共潜(ともかつぎ)という妖怪が伝えられているそうです。

海にまつわる恐ろしい話
海女が海底に潜って行くとどこからか自分とそっくりの容姿の海女がニタニタ笑いながら近づいてくるのである。

 それだけでも、十分気味が悪いが、その海女は、時にはアワビなどをくれる。そして、手を引いて深い海底に誘い込もうとするのである。
 アワビがたくさん採れる場所に連れて行ってくれるのかと思って、ついて行くと最後、息が切れて死んでしまうので、何とか手を振りほどいて逃れ、海上に浮き上がるが、それらしき人影は見られない。しかし、潜るとどこからか再びすりよって来るという。


続きを読む

遠洋漁業資源の枯渇を理由に・・・

 「ミナミマグロ枯渇 漁業対象種の25%取りすぎ」という記事より。
世界の漁業資源約600種のうち、マグロやマダラ、銀ムツなどほぼ4分の1が枯渇状態か取りすぎの状態にあり、この傾向に過去約15年間、改善がみられないと指摘した「世界漁業・養殖業白書」を国連食糧農業機関(FAO)が13日までにまとめた。


 そもそもどうして過剰漁獲が起こるかというと、技術の革新とか需要の増大があるんだろうけど、そうなると何故に公海上の漁業資源に過剰漁獲が集中するんだろうという疑問が生まれる。
続きを読む

「京都らしさ」と住みやすさ

 「京都市の新景観政策が成立 建物の高さ制限引き下げへ」という記事より。

京都らしい眺望を遮る建物の高さやデザインなどを規制する眺望景観創生条例など、京都市が打ち出した新たな景観政策に関する6議案が13日、市議会で全会一致で可決、成立した。これを受け、市は19日、市内全域の建物の高さの上限を45メートルから31メートルに引き下げる都市計画の変更を審議会に諮る。市全域の建物の高さを引き下げる規制は全国でも例がないという。一連の新規制は9月1日から実施される。


 「京都らしい」の定義が一番難しくて、たまにやってくる観光客の意見に頼っていると、すごく住み難くなる気がする。
 高さ制限のお陰で家賃は高騰しているし、資産価値は下がる。駆け込み的に京都市街ではマンションの建設ラッシュ。京都に住む人々は「しかたない」と思いながらも愚痴らずにはいられない状況だ。
続きを読む

iddyにプロフィールを登録しました。

 巷の若人は、プロフといってWeb上でプロフィール公開しているらしいです。功罪あるんだろうけど、ほどほどであればコミュニケーションの促進になるでしょう。

続きを読む

レジ袋の値段を一律で決めては駄目!

 「「レジ袋ゼロ運動」に「待った」 1枚5円が独禁法違反」という記事より。

家庭ごみを減らすための「レジ袋ゼロ運動」の一環で、新潟県佐渡市が4月から全島内の小売店でレジ袋を1枚5円で販売させる取り組みに、公正取引委員会から待ったがかかった。「1枚5円」に統一することが、自由な営業を妨げるため独占禁止法違反の疑いがあると指摘された。


 そもそもレジ袋有料化の障害となっていたのは、どこかが無料で配るとそこに客をとられる、ということだったはず。
 だったら、一律何円とするしかないと思っていたけど、それがなんと独禁法に違反するらしい。
続きを読む

レジ袋の値段を一律で決めては駄目!

 「続きを読む

第2回eco検定情報

 eco検定試験の、第2回、3回の日程が公開されています。
 第2回が7月15日(日)、 第3回は12月16日(日)だそうです。


続きを読む

ゴアは光熱費を浪費しているらしい。

 「ゴア氏宅で電気・ガス浪費 米民間団体が暴露」という記事より。

民間団体は同州の「テネシー政策調査センター」。同州ナッシュビルのゴア氏宅の電力消費量(公開データ)などをホームページに掲載し、「一般市民の20倍は使っている」と指摘した。昨年1年間の電気、ガス代は計約3万ドル(約350万円)という。同センターのドリュー・ジョンソンズ代表は毎日新聞の取材に「市民に資源の節約を訴えるのであれば自分が率先すべきだ」と批判した。


 揚げ足取り、というか、保守派がなんとかして攻撃の糸口を見つけたという印象はぬぐいきれない。
続きを読む

投票フォーム、設置しました。

 ネタ作り、というのも兼ねまして、環境問題にまつわるアンケートを行えるフォームを設置することにしました。
 まずは、こちら。



 サイドバーにも貼り付けておきますので、よろしければお気軽に参加してみてください。

ホンダのダブルスタンダード

 「ホンダの新カラーリングが斬新過ぎて、地球終了\(^o^)/」という記事より。

かねがね「斬新」と噂されていたとはいえ、まさかここまでやっちまうとは。テーマは「エコロジー」と語るホンダ首脳陣は、あろうことかマシンのデザインを地球柄にしてしまったのです。


 エコカーの話ではありません。世界中が熱狂する究極のモータースポーツF1のホンダが車体をアースカラー・・・ではなく、マジで地球柄にしちゃったとのこと。
続きを読む

定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク