君に逢う日は不思議なくらい、こってりしていて。

その日、赤坂に降る雨は、いつもよりもこってりしていた。
DSCN3371


抑えきれぬ寂寞の想いを胸に、私たちはあの場所に向かう。
DSCN3370


最後の晩餐は、普段より豪勢と決めていた。
DSCN3372


哀しみを押し殺す薮田氏。
DSCN3373


そして、役者が揃う。
私たちは、彼らに別れを告げにきたのだ。そして謝意を伝えにきたのだ。
DSCN3376


「数える程しかない邂逅であったが、あなたは常に私を安寧に導いてくれた。
あなたは、ラーメンではなかった。
あなたは私にとってシチューであり、ポタージュであり、カルボナーラだった」
DSCN3377


私たちの気持ちを知ってか知らずか、「また逢おう」というあなた。
そうだ、あなたはいつも私たちの中にいる。
ごめんなさい。そのことを忘れていました。
DSCN3378


ごちそうさま。
そして、ありがとう。天下一品赤坂店。

私たちは、旅立ちます。
西新宿店に。

北芝健の秘密がここにある

犯罪学者の北芝健さんとお会いしたのは、不思議SNSのイベント。
そこでご挨拶させていただき、アポをとり、トントン拍子で公式ブログ開設までしていただいた。

多才であることはもちろん、それをいかんなく発揮しようというパワーに満ちあふれた方。

ブログではその片鱗をかいま見ることができる。

北芝健公式ブログ

知的で強靭、そして色気もある。
ああいう人になりたい。


ちなみに、今話題の島根大学生殺人事件の分析もされている。

北芝健公式ブログ:11月10日火曜日
男2人での犯行と見る。 被害者を首絞めて殺害のあと、胸をえぐっている。 刃物使いに習熟。
バラして、各部分ばらまいたのは、猟奇傾向と捜査撹乱。
体力、機動性あり。
あまり年配者でもない。 30前後の男たち。
検挙まで長引かないだろう。

「東洋のコンピュータ」と呑んだ。マジで。

勤務先が、横浜FCのスポンサーになったお陰で、ここ2ヶ月、毎月スポンサーマッチに参加しています。

前回は、元日本代表の奥大介さんと試合することができました。
それだけでもサッカー青年としてはたまらないのに・・・

今回は、世界の、世界の・・・世界の奥寺康彦さんとお酒飲みましたー!

もちろんサッカーもやりました。
フットサルではなく、ソサイチ(8人制)で。

20チーム弱のチームの中で、勝ち点1位のチームのみが奥寺さん率いる元Jリーガーチームと対戦できるということで、それを目指していたのですが、惜しくもその権利は逃してしまいました...

その後、近所の温泉施設で横浜FCの試合をパブリックビューイング。
ライブドア勢は、持ち前の社交性を活かして、すぐに奥さんと奥寺さんの近くの席をゲット。

お二人の解説付きという贅沢な観戦ができました。

それに、あのエピソードについても生で聞けました。
奥大介 - Wikipedia
磐田での最終戦となった2001年の天皇杯4回戦、対東京ヴェルディ1969戦で退場処分になっている。奥本人の話では主審(スキンヘッドだった)に対して判定への不満を「どこ見てんのや、ハゲ」とつぶやいた所、当の主審に聞こえてしまった事が理由。この処分のため横浜FMへの移籍直後は試合に出られなかった。


「言うつもりなかったけど、でてしまったんですよw」

もうね、大爆笑ですよ。
こんなこと言ってくださるなんて。

ちなみに奥寺さんには
「ライブドア強いって聞いてたのに大したことないなぁ」的なことを言われました・・・
く、悔しい!

悔しさのあまり、写真とってもらいましたー。
写真(3)


ほんと、スポンサーになってくれてよかった!


ちなみに、奥寺さんの凄さについては、もう説明しないけどええよね?
大空翼くんのドリブルをいとも簡単に止めた人ですよ!

山頭火が、つけ麺専門店になってた

つけ麺ブームに乗っかって、あの「山頭火」がつけ麺専門店を下北沢にオープン。
というわけでいってきました。

「専らつけ麺」(もっぱらつけめん)という名前です。
DSCN3325


メニューには、納豆つけ麺や高菜つけ麺という変わり種もありましたが、今日は初回ということで、ノーマルなつけ麺塩味にしました。
メニューにある通り、デフォルトは麺2玉。
DSCN3326


具材は別々にきます。
皿も1玉づつ。
DSCN3328


スープは、ラーメンよりは濃いけど、食べ慣れたつけ麺よりは薄いという感じ。
塩味だと少しパンチがないかも。
パセリが浮いてて、オシャレぶってた。
DSCN3330


具材は、ネギ、ナルト、卵、チャーシュー、メンマです。
DSCN3329


麺は、太め。ゆで加減は、硬めでした。
DSCN3331


塩味だけではなんとも判断できないので、他の味も試してみたいと思いますが、今回はあんまりでしたね。
700円というのは、安めでいいと思いますが。

山頭火 下北沢店 ( 下北沢 / ラーメン一般 )
★★☆☆☆2.0
powered by livedoor グルメ


ヨシヒコが一人のレスラーになった日

6次元と称される跳躍力、軟体動物のように柔軟な関節、体重からは想像できないパワー。
そして、ルチャからキャッチレスリングまでこなす対応力。

レスラーとしておよそ必要と考えられる全ての能力を高いレベルで備えながら、メジャー団体にはあがらず、DDTというインディー団体でのみ活動するレスラーがいます。

その名は、ヨシヒコ。

これまでは、常にタッグマッチでの活躍でしたが、ついにシングルの頂点に照準を定めました。

同団体における最大のライバル、ジュニアの祭典「ザ・ベスト・オブ・スーパージュニア」において天才の名を欲しいままにした飯伏幸太との団体最高峰の戦いをぜひ、ごらんください。

【ニコニコ動画】飯伏幸太 vs ヨシヒコ


プロレス脳をフル回転させてくださいませ。

ヨシヒコは、ファンの夢をその身体に詰め込んでいるんですよぉぉぉぉ!

定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
カテゴリー
スポンサードリンク