サイコパス診断をやってみた



私は、2個当てはまっちゃいました。
連続殺人や猟奇殺人、快楽殺人には社会病理や社会心理の面から興味があったので、ケースを追ったりはしてたので、刷り込みはあったのかもしれません。

サイコパスの回答例として示された答えのほとんどは納得できないものだったので、そこは良しとしたいと思います。

あなたは何件、あてはまりましたか?

想像力を解き放て!映画「リミッツ・オブ・コントロール」

ピクチャ 2

非常に難解な映画ではある
そして、すべてが朧げなのだ。

しかし、消化不良感は不思議とない。
それは、物語の全てを「想像力」に任せているからだろう。

リミッツ・オブ・コントロール − 映画作品紹介
ストーリー ?Two espressos no mobile no sex while working(必ずエスプレッソを2つ注文し、携帯も銃も仕事中のセックスもなし)?それ以外は全ては謎に包まれたまま、名もなき?孤独な男?はただ任務の遂行を目指す。スペイン中を巡り、さすらう彼の前に現れるのは、「スペイン語は話さないのか?」という問いを合言葉にする同じくコードネームを持った名もなき仲間たち。彼らはそれぞれの情報をマッチ箱の中の暗号に託す。「裏切り者がいる」と告げる仲間、しかしその言葉とは裏腹に「自分も仲間じゃない」と男は呟いた。ありのままの現実と、夢の中を彷徨うかのような非現実が交錯する世界をめぐり、男は荒野の中にあるアジトへたどり着く。想像力が支配(コントロール)の限界を超えた時、その先にあるものは一体何なのか?

任務の詳細もわからない。
主人公が何の集団に属しているかもわからない。

観客に謎解きを共有するたぐいのサスペンスではない。
映画として、本来描かれるべき部分の大部分があえて描かれていないのである。
冒頭、主人公は「想像力を使え」と言葉をかけられる。
鑑賞中、それは、私たち観客への言葉だったのだと気づくだろう。

想像のトリガーは、与えてくれる。
だからこそ、映画としての消化不良感は感じない。
観客に想像力の解放を迫る不思議な映画である。

さて、ビジュアルという面においてもこの映画は特筆すべき点が多い。
ウォン・カーウァイ監督と長年連れ添った撮影監督クリストファー・ドイルの作り出す映像世界は、舞台となるスペインの町並みと色彩とキャストの衣装もあいまってすべてのカットが良質の写真を見ているかのよう。

予想以上の「オシャレ映画」だ。
また物語の随所に登場する名優たちにも注目である。

リミッツ・オブ・コントロール公式サイト



しっかし、予告編でやってた映画が全部面白そうだったなぁ。

カルダモンは、アラサーお料理男子必携スパイス

こう見えても、料理好きな私。
調味料は各種揃えておりますが、最近は、スパイスもいくつか揃えるようになりました。

胃腸が弱いので、クミン(馬芹)とターメリック(鬱金)。
これだけで、なんでもカレーっぽくなるので不思議ですw

さて、次はどんなスパイスがいいんだろうと思っていた矢先、テレビで「カルダモン」なるスパイスの紹介が!

カルダモン


消臭効果がある」と紹介されてましたが、私が良いと思ったのは

・山椒に似た薫り

ということ。
これは和食に合いそうですね!
大根の煮物や、おでんに胡椒が合うというのは前から知っていて試してましたが、カルダモンもいけるのかも。

ちなみに

・油っぽいものと合う
・甘いものに合う

ということで、まさに山椒代わりに唐揚げにかけてもよし、お砂糖と混ぜてスウィーツを作ってもよし。
個人的にはヨーグルトとかどうだろうかと思ってます。スウィーツは作らないしw

今は、粉末になった各種スパイスが売られているのでお手軽に使えますね!


ちなみに、カルダモンは集中力を上げる効果があるとか。
加齢臭を消し、集中力も高めるなんて、アラサーな私は必携ですね!
シャワーのように浴びたい!!






ブログデザインを変更した。公式のやつに。

ブログのデザインを変更しました。

2


先日追加された多数のデザインから、「テクノポップ(イエロー)」は、perfume ではなく、Aira Mitsuki といった感じ。

ヘッダーの「チカチカ感」はいい感じだし、だからといって記事が読みにくいわけではない。

ワクワクするデザイですね。
個人的には2カラムも欲しいかもしれないです。

・・・作って公開しろ、って話ですかねw

コグレさんといしたにさんとで、沖縄なう!

沖縄旅行から戻って以来。良いコトづくめの一週間(主にお仕事的な意味で)。
その締めは、ナイスな人たちとのナイスなお食事でした。

IMG_0523


会場は、六本木のOKINAWAN BAR MAMI‐ANA
な、なんと、あの『ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)』の著者

みたいもん!masakishitaniさん
ネタフルkogureさん

とお食事させていただきました。
ブログを始めた当時から、購読していたアルファブロガーの方々との対面に今までにない感激を覚えました。

さて、感激はこれだけではありません。
このお店、飯がうめえ!!

IMG_0526

IMG_0529


とくに島豆腐を使ったゴーヤーチャンプルーは絶品。
水分の少ないこの豆腐で作るチャンプルーは、当然水っぽくなりません。
また、中がスポンジ状になっていて、味が乗りやすい。
それに、ここのゴーヤが全然、苦くない。甘い。むしろスウィーツ。
沖縄で喰ったのより、おいしいやないか...

そんな美味しい料理を食べながら、地元トークに華を咲かせました。
沖縄人と北海道民、関東人に関西人と日本の縮図のようなメンツでしたので、まあ盛り上がること。

キツネうどんの話、シャベルとスコップの違いなど...

さて、お開きとなったのですが、話足りない面々はなんと、京都人の「ソウルフード」天下一品で2次会!
ラーメン屋で呑むなんて、「タモリ倶楽部」っぽくていい!
IMG_0531

メンマとナムルで乾杯。

「天一」が初めてとおっしゃるいしたにさんと久しぶりというコグレさんとともに、11時から「こってり」!
IMG_0534


これはラーメンやない。
ポタージュや!シチューや!

「こんな時間に食うもんじゃない」といしたにさん。
すいませんでした(笑)

お二人には、ライブドア社員の楽しいところが伝わったんじゃないでしょうか。
・・・自分で言ってて恥ずかしいけど。

というわけで、また宜しくお願いしますー!

twitter本にサインを貰ってご満悦な櫛井の親分。
IMG_0528


ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
コグレ マサト いしたに まさき
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 71


定期購読はこちら
follow us in feedly
記事検索
カテゴリー
スポンサードリンク