第3回マネタイズHacks開催しました!

さる6月24日、六本木ヒルズ内アカデミーヒルズにて、第3回マネタイズHacksが開催されました。
今回は、100人をゆうに越える参加者と豪華なスピーカー陣によるセミナー形式。
私は細々としたところのお手伝いをさせていただきました。
内容については、後日資料が公開されることと思いますし、また雑務に追われ聞き逃しているところもあるので、他の方に譲ります。




会場がパない


とにかく会場が、素敵。設備もさることながら、49階から都内を一望できるロケーション。
...だったのですが、高所恐怖症の私はブラインドが閉まってからやっと落ち着けました。夢に出ました、マジで。

livedoor ディレクター blog読まれ過ぎ


開催告知は、livedoor ディレクター blog のみといっていいなかで、大変な数の応募がありました。
一見、職種が違うのかなと思われるところからも購読されていることを知り、手前味噌ながら「業界人必見」と胸を張れるブログだと実感しました。

次はどこの会場になるんやろ


アルカンタラの熱い夏 : 第3回マネタイズHacksのメモ - livedoor Blog(ブログ)
・このペースでいくと次はZEPP東京だ

佐々木さんも言ってますが、マジでそんな感じです。
セミナー会場も懇親会会場も、もっと大きなハコを用意しないと入りきれないです。
いっそのこと、野外でやりますか。フジ・マネタイズ

片桐さんがカッコよ過ぎる


Pixiv代表取締役社長の片桐さんがカッコよ過ぎます。
堂々たるプレゼン、ピンチをしのぐ機転の良さ、人を惹き付ける魅力。MVPは、片桐さんだったんじゃなかろうか。
ちなみに、同い年同じ月生まれということが後日判明しました。




オカルト担当ディレクターとして参加しました。
「説明機構が発明されていないモノを相手にしている」という意味です。
番号は、050にしてもらいました。「ごー」ですねw

というわけで、次回も宜しくお願いいたします。

アルファブロガーは、私生活での余裕を PV にしてる。



先週、新宿でオカルトな飲み会に言ってまいりました。
あのオカルト系雑誌やオカルト系ムックの編集部の方々と飲めるという話だったのですが、いってみるとアルファブロガーに囲まれているという状況で、期せずして「第2回ブログごはん」が開催されてしまった感じでした。

あくまで私的な会ですし、内容を漏らしてしまうと、政府の一部の人間しか知らない組織とかに消されてしまうこと間違いないのでここでは書きません。

感想までに留めます。


面白いブログを書く人たちは、しゃべっててもフツーに面白い。


そりゃまあ考えてみればブログはアウトプットなんだから、その元である人間が面白くないわけがないんですがね。
ネタが豊富というのはもちろんのこと、コミュニケーション能力が本当に高い。
たんに RSS リーダーを見てるだけでは得られない情報をこの人たちは得ているんだなぁと、つくづく思いました。

まだまだブログという文化は黎明期だと思っているんですが、そんなアルファブロガーの方々を見て、「ブロガー」という職業民の輪郭がまた一つくっきりとした気がします。

あと、かなり本気の話ですが、いろんなアルファブロガーのお母さんに逢いたい。
どういう育て方したら、アルファブロガーになるのか。
アルファおかんブログ
じっくり、出産の頃からお話を聞きたい。
それでアルファブロガーの共通項が見つかるなら、それはそれでありだし、ないならないでもいい。
でも、何もないわけがないと思ってる。


それにしても、某アルファブロガーのあの人は魔女だと思いました。いろんな人をググっと魅了するチャームの魔力を持っている。
かくいう私も魅了された人間の一人です。

にぬきの話

沸騰してから6分。
半熟ゆで卵を作る時にゆで時間です。

ところ、この「ゆで卵」。私は「にぬき」と言われて育ちました。

京の台所、錦市場では、殻のついたゆで卵が袋に入って売られています。なぜか塩まみれで。そうすることで程よい塩味が染み込むそうですが、その商品名も「にぬき」。

では、その語源はというと、卵を固くなるまで「煮ぬく」ことから。つまり、かつては半熟卵のことを指していたわけです。それが時間を経るにつれて、ゆで卵全てを指すようになっていったのでしょう。

KBS京都 | ぽっどきゃすと京ことば: ぽっどきゃすと京ことば「にぬき」
「にぬき」いうのは、皆さんも御存知やと思いますけど「ゆで玉子」の事どす。
玉子をゆでる時、固くなるまで 煮ぬく ところから「にぬき」になったそうどす。私らは半熟でも固ゆででも みんな「にぬき」いうてますけど、昔は半熟玉子は「火が通ってない」と、いやがられてたそうどす。そやから煮ぬいた「にぬき」に なんたんどすなぁ。言葉て面白おすなぁ。


京都で、ゆで卵のことを「にぬき」と言い、鶏肉のこと「かしわ」というのが「京都人っぽさ」の秘訣かもしれませんw

最近、お弁当に「にぬき」を入れてるんですが、それを見た同僚との会話で感じた久しぶりのカルチャーショックをもとに、記事を書きました。

覚えておきたいカクテルの「型」

カクテルには、何種類か決まった「型」があります。
良く知られるものは、

スピリッツ 30ml+ホワイトキュラソー 15ml+レモンorライム 15ml


があります。
スピリッツを、

ジンにすれば、ホワイトレディ
ウォッカにすれば、バラライカ
ラムにすれば、X.Y.Z
テキーラにすれば、マルガリータ
ブランデーだと、サイドカー

ですね。
いわゆる、カクテルの基本といわれるところで、単純でドライなだけにごまかしがきかないスタイルです。

一方、甘めで濃厚な「型」もあります。

スピリッツ or ブランデー+クレーム・ド・カカオ+クリーム


です。

ブランデーを使えば、アレキサンダー
ウォッカを使えば、バーバラ
ラムを使えば、アレキサンドラ
テキーラを使えば、シルク・ストッキング(マラスキーノチェリーを沈める)




↑これは、アレキサンドラ。

すべてシェークが必要なカクテルですが、道具をお持ちの型はぜひお試しください。
一つの型を覚えれば、応用が利きますしね。



梅酒より簡単なレモン酒のススメ




梅酒は、日本が誇るべきリキュールですが、手軽に自家製できることも大きな魅力です。
ベーシックなレシピは、梅と氷砂糖、それにホワイトリカーですが、それをアレンジすることでオリジナルの梅酒を作れるのが面白いですよね。

ただ、問題が一つ。
呑むまでに最低でも3ヶ月は待たなければならない、ということ。

「果報は寝て待て」と言いますが、せっかくその気になって漬け込んだのに、半年先まで我慢しなければならないなんて...

そこで、少し早くに呑める果実酒をご紹介します。

基本的には大概の果実は、浸漬することによってリキュールにすることが可能です。
カカオ豆を蒸留酒に漬け込めば、コーヒー味のリキュールだって作れるのです。

中でも、短時間の浸漬で作れるオススメの果実酒は、レモン酒。熟成期間は3週間ほど。

イタリアのシチリア島では伝統的に作られているリキュールで、ロックはもちろん、ソーダ割りやお湯割りでもイケる万能選手です。

冒頭に掲載した写真は2年前に作ってちびちびと消費している私のレモン酒。

レシピは

1、レモン1kgはワックスや有害な農薬が残留している可能性が高いので、お湯の中でよく洗う。
2、皮を向いて輪切りにし、適量の皮とともに、密閉瓶の中へ。
3、氷砂糖200g、ウォッカ2Lを一緒に入れて、冷暗所で3週間熟成させる。この時、ラムで漬けても旨い。

皮からはエキスとともに苦みがでるので、お好みの量を加えてください。
ウォッカは、香りが強くないものがオススメ。それほど効果なものは必要ないですが、SKYYスミノフを使うと一つ上の味になるのではないでしょうか。ラムだと、バカルディですね。

からだにやさしい果実酒&果実酢かんたんレシピ

実業之日本社
売り上げランキング: 58780



定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
カテゴリー
スポンサードリンク