このエントリーをはてなブックマークに追加
写真 2016-08-06 1 06 47

食道楽な諸先輩にまた、素晴らしいお店をご紹介いただきました。
新橋にある雑居ビル2Fの奥、会員制の居酒屋「かすみ亭」です。
小さな6畳あるかないかという店内には、女将さんの思いやりと気配りが行き届いており、日頃のストレスで凝り固まった心をホロホロと解いてくれる、素敵なお店でしたよ。
新橋駅から数分歩いた雑居ビルの2Fにお店はあります。
写真 2016-08-06 1 06 39

カウンターには大皿でおかずが何種類も並んでいます。
京都のおばんざい屋さんみたいの雰囲気を感じました。
カウンターに座ると、この見事な眺望を味わうことができますよ。
写真 2016-08-06 1 08 25

料理はどれも丁寧な仕事がされたものばかり。
最初、実家ぽいなって思ったけど、いやいや普通の家庭でこんなに手間がかかって美味しいものは食べられないです。
写真 2016-08-06 1 07 16

イワシは煮崩れないよう丁寧にお酢だけで煮込み、それから味付けしており、骨まで柔らかいのに見た目は綺麗という逸品。
作り方をお聞きしても作れる気がしないですw
写真 2016-08-06 1 07 08

アスパラベーコン、厚焼き玉子、しいたけの鶏肉詰め。
どれも薄味で優しいんですが、素材の味がこれでもかと引きだれています。
野菜の甘味、玉子の優しさ、しいたけと鶏肉の滋味!
写真 2016-08-06 1 08 02

ムツの塩焼きは、骨離れの良い火加減で焼きあげられ、塩梅も良し。
日本人に生まれて良かった。
写真 2016-08-06 1 07 34

冬瓜と塩豚の煮込み。
豚の旨味は冬瓜に染み込み、それを餡が閉じ込める。
写真 2016-08-06 1 08 34

マカロニサラダ、かくあるべし。
明太と白滝の相性は、たらこスパゲッティを越える。
写真 2016-08-06 1 07 53

しかし、中でもきんぴらごぼうの美味しさは白眉。
「甘辛い食べ物」というイメージを今まで持っていましたが、違いました。
最初は、あれ味が薄いな、となるんです。しかしそれが噛めば噛むほど食材に染みこんだ味が出てくる。
甘味、塩味、辛味。味付けが食材の外ではなく中にある、このきんぴらは無限に食べられる。
写真 2016-08-06 1 07 43

締めは、おいなりさんです。
甘辛く炊かれた薄揚げの中には、優しくシンプルな酢飯が詰まっています。
写真 2016-08-06 1 07 25

秋には「さんま祭」が開催されるということなので、また是非とも寄せていただきたいです。
料理の美味しさはもちろん、女将さんとお店の空気感が最高でした。



関連ランキング:割烹・小料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

このエントリーをはてなブックマークに追加