このエントリーをはてなブックマークに追加
 「ペットボトル再生素材のデイパック」という記事より。

そんな折、アメリカ、カリフォルニア生まれのアウトドアメーカー「ザ・ノース・フェイス」から、ペットボトルのリサイクル生地で作ったデイパックが登場。主素材はペットボトルをリサイクルした「シャガール(R)(テイジン)」という布で、「シャガール(R)(テイジン)」は耐候性に優れ、退色しにくい特性をもっています。カフェのテントなどに用いられることの多い素材でもあり、10cmの耐水度を保ちつつ、コットンのような風合いであることも特徴のひとつ。

 これ自体はすごく良いと思うんですよ。なんだかんだで、ペットボトル使っちゃいますからね。紙パックの飲み物は総じて、独特の臭気がして大嫌いだし、私は水筒を持ち歩くわけですが。

 で、そのペットボトルをPETtoPETしたり、フリースにしたり、デイパックにしたり「リサイクル」のアイデアは尽きないようなんですが、やっぱリサイクルでは駄目です。
 ペットボトルを使うな、とは言いません。軽く丈夫で便利ですもん。出先でパっと買った時、ビンだったら持ち歩けませんもん。きっとペットボトルは原料が枯渇でもしない限りはなくならないでしょう。
 だったら、もっと分厚くて衛生的なペットボトルを作れないもんでしょうか。業界の方は再利用に継警鐘をならされていましたが、ユーザーとしては「簡易水筒」としての役割をより強めてくれた方が嬉しい。
 一回は買いますよ、ペットボトル。あとは、リユースです。店が売るのは、内容物だけ。
 やっぱ無理ですかね、ドイツはそれに近いと思うんですが。

絵で見てわかるリサイクル事典―ペットボトルから自動車まで
エコビジネスネットワーク
日本プラントメンテナンス協会
売り上げランキング: 358,174
このエントリーをはてなブックマークに追加