このエントリーをはてなブックマークに追加
 「 石けん生活一ヶ月」という記事より。

 昨日までは牛乳せっけん使っていたけど、今日はアレッポ使いました。なれない匂いと大きさだけど、アレッポの石けんで髪を洗っていると髪にオイルがしみるような感覚です。そんでもってシャワーで泡で流すときもそんなに軋まない。けど、私は牛乳せっけんのほうが匂いがいいし、泡立ちがいい感じから使いやすいと思う。


 私の友人が、石けんシャンプーを使用しているとのこと。石けんシャンプーと言っても特別なものではなくて、単純に石けんで髪の毛を洗っているようです。
 え、それじゃガシガシになっちゃわない!?と思うんですが、それなりのケアをすれば平気な様子。
 彼女の手順を紹介します。
■一ヶ月試して落ちついた煌月的せっけんシャンプーの仕方■
1.まず体全体にシャワーを被る
2.最初に体を洗う。その間に髪に湯がまわってせっけんが泡立ちやすくなる
3.髪を洗う
4.髪をゆすいだら、すぐにリン酢する。
5.リン酢を流す前に洗顔。
6.頭からシャワーを被って酢と泡を落とす
7.タオルで水気をきって、100円玉大のオリーブオイルを髪(頭皮にはつかないよう)にいきわたらす
8.ドライヤーで乾かす(合成シャンプーの時より断然乾くのが早くなった)
9.髪が乾いたら、毛先にもう一度オリーブオイルを塗って毛先のぱさぱさを防ぐ

 リン酢ってのは、変換ミスではなくて、お酢みたいです。それと合わせて使用するオリーブオイルがポイントのよう。
 手間はかかるけど、それだけの効果はあるようで、肌荒れが治ったり、髪が強くなったりしたそう。無論、個人の適性はあるでしょうが、彼女にはあっていたようですね。
 合成洗剤を使わないという選択肢があるなら、シャンプーを使わないという選択肢があってもいいですよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加