ペイパーポストに議論が盛り上がっているなか、私はブロガーリレーション(以下、BR)のあり方については毎日のように考えています。

BRは、新たなプロモーションとマーケティングの手法としてサイバー・バズや、AMN、そしてライブドアなどが実施しています。
 
クライアントは、BRに可能性を感じ、私たちに限られた予算を割いてくれているわけですが、その選択がTVCMや雑誌広告と同じステージにたって選択されたものではない、という思いを持っています。
ですが、入り口はそれで良いと思います。
BRなんてまだ海のものとも山のものともわからない、新参者なのですから。 
半信半疑でも、事後その効果を実感してもらえればリピーターになってもらえるるのだから、まずが実施してもらうことが重要です。
 
しかし、効果を実感できなかった場合は、一回限りになるどころかBRの価値、可能性が失われることになりかねません。
私たちのようなニューカマーはそもそも信頼性が無いわけですから、「やっぱりだめだった」となってしまうことでしょう。 
そうならないようリピートをしたくなるよう戦略を立て、レポーティングすることが肝要です。

BRの成功は、そもそも対象となる「商品」の選択にも左右されると思います。
こちらからの提案の際、それを見極める必要があるでしょう。
どのような商品がBRに向いているかを判断するにはまだまだ事例が少な過ぎるでしょうが、

・効果は高いのに、なんらかの理由で多くの人に触れられていないもの。新製品など。
・効果が発揮されるのが遠い未来ではないもの
・閉鎖的なイベント


個人的には、これら上記3つはBR向きだと経験上感じています。

ですが、こちらも物語が提案できないし、そのまま実行してしまうとクライアントは満足せす、価値がさがってしまうという商品もおそらくあるでしょう。

単純に広告枠を売るようになんでもかんでも「やりませんか」「どれだけの人に見られますよ」 というのでは、結果的にBRの価値を失ってしまうことになるのではないかと思います。

BRの価値は、 「レポーティング」と「対象となる商品選定」にかかっている。

 

関連記事