web3.0(!)で話題の、jimdoを使ってサイトを作ってみた。

ピクチャ 14


内容は、週末お世話になっているスロコメ。
>http://slowcomedy.jimdo.com/

感想としては、「そこそこのものはちゃんとできるじゃないか!」とい感じ。

これまでもweb上でサイトが作れちゃうサービスはありましたが、これはドラッグ&ドロップだけでそれなりのデザイン性があるサイトを作りつつ、コンテンツとしてWeb2.0なサービスを簡単に組み込めていけます。

この、Web2.0サービスを組み込めて行けるというのがポイントでしょうか。
flickr、You Tube、Google Maps、del.icio.usくらいしか選べるサービスがないのですが、欧米のサービスで他に何がサイトに組み込みたいんだと言われると、また困っちゃうなぁというとこですね。

「簡単にサイトを作りたい層」と「web2.0サービスユーザー」がかぶるのかという疑問もありますが、そこにニッチなニーズがあると踏んでいるのかもしれません。

月額945円の有料プランになると、独自ドメインが使えて、広告も非表示にできます。
何はともあれ、簡単に作れるので、独自ドメインが使えるなら・・・という思いは出てきますね。

関連記事