河原雅彦さんの至言「もう無理やりヤラれちゃえばいいんじゃない?」(前編) - 日刊サイゾー
――もう無理です! っていうか全然参考にならなかったです! ところで、河原さんも私もブロガーですよね。書くネタとか困らないですか?

河原 困ってるよ。もうずっと辞めるタイミングを探すくらい困ってるよ。いつもどんな更新してる?

――それがほんとに書くことなくて。毎日仕事してるわけでもないし、家でPCやってるだけとか、漫画読んでるだけの日も多いから、完全にネタがなくて、ちょっと前にあったことを、「今日こんなことがあって!」って平気で詐称してたりしちゃってますよ。


タレントの小明さんと、俳優・演出家・脚本家の河原雅彦さんの対談より。
お二人ともブロガーで、小明さんのブログは以前から購読しています。
内容は、日記、告知、謎のイラストなど。
特にネタの無さは感じませんし、小明さんのキャラを日々がっちりと固めていってるように思えてなりません。

小明の秘話
河原雅彦改め、アブドーラ・ザ・マッチャーの吹けよ風、読むなブログ

ただ、「書くことないよー」というのはきっとほとんどのブロガーさんの心の声だと思います。

いわゆるアルファブロガーの皆さん(芸能人を除く)は、書くことがあるから書いているのではなく、書くためのネタを常に探しているのであり、常人は持ち得ない

ネタ化能力


を持っているから毎日書けるのだ、と思います。

それ以外の大多数の人は、アウトプットする時期が来ないと書かないわけですから、数日に一回になっても仕方がないわけです。
そして、それでいいと思っている人が増えているんじゃないでしょうか。

これは、業務上、毎週膨大な数のブログをクロールしている中で得た「感覚」に過ぎないのですが。

私は、ブログは日記であり、毎日更新しなければならないんだと思われていた、と考えています。
それが足かせ、負担となって止めてしまう人が多かったのではないかと。

それが更新間隔が開いてもいいや、となってきたのは私たちからすればむしろ歓迎すべきかもしれません。

毎日書いてもらう努力ではなく、更新間隔を広げすぎない工夫をしていけばいいんですから。

さっそく、その工夫を一個思いついたけど、これは来週、あそこで発表しよう...



関連記事