先週、新宿でオカルトな飲み会に言ってまいりました。
あのオカルト系雑誌やオカルト系ムックの編集部の方々と飲めるという話だったのですが、いってみるとアルファブロガーに囲まれているという状況で、期せずして「第2回ブログごはん」が開催されてしまった感じでした。

あくまで私的な会ですし、内容を漏らしてしまうと、政府の一部の人間しか知らない組織とかに消されてしまうこと間違いないのでここでは書きません。

感想までに留めます。


面白いブログを書く人たちは、しゃべっててもフツーに面白い。


そりゃまあ考えてみればブログはアウトプットなんだから、その元である人間が面白くないわけがないんですがね。
ネタが豊富というのはもちろんのこと、コミュニケーション能力が本当に高い。
たんに RSS リーダーを見てるだけでは得られない情報をこの人たちは得ているんだなぁと、つくづく思いました。

まだまだブログという文化は黎明期だと思っているんですが、そんなアルファブロガーの方々を見て、「ブロガー」という職業民の輪郭がまた一つくっきりとした気がします。

あと、かなり本気の話ですが、いろんなアルファブロガーのお母さんに逢いたい。
どういう育て方したら、アルファブロガーになるのか。
アルファおかんブログ
じっくり、出産の頃からお話を聞きたい。
それでアルファブロガーの共通項が見つかるなら、それはそれでありだし、ないならないでもいい。
でも、何もないわけがないと思ってる。


それにしても、某アルファブロガーのあの人は魔女だと思いました。いろんな人をググっと魅了するチャームの魔力を持っている。
かくいう私も魅了された人間の一人です。

関連記事