先日、先輩と池袋をぶらついておりました。
上手いつけ麺喰ったり、アニメイトに吹き込む恐るべき暴風に翻弄されたり、Nikon の D5000 を下見したりして、池袋を楽しんだ次第です。

そして、一つ驚愕の事実を知ることになりました。

東京のあんみつには、エンドウ豆が入っている!





右上の方にあるの小豆じゃないですよ、
赤エンドウ豆です。

最初聞いた時、完全にローカルルールだと思いました。
見たこと無いもの、京都で。
エンドウ豆なんて、甘味に入るわけがないと。

でもですね。
あんみつ - Wikipedia
賽の目(細かい立方体)状に切った寒天に、茹でて冷やした赤エンドウマメ、小豆餡、求肥、干し杏子などをのせ、みつ(黒蜜や白蜜)をかけて食べる。


茹でて冷やした赤エンドウマメ...

絶対、嘘やー!信じひん。
東京アウェイや。やっぱりアウェイやった。


京都の方々!確認してください。
そっちのあんみつにエンドウ豆なんて入ってますか?

関連記事