日本酒は鮮度が命といわれていた時代は、もはや昔。
長期熟成酒の良さが少しずつ認められてきました。

All Aboutでは、このように評されています。
「長期熟成酒」ベスト5 - [日本酒・焼酎]All About
淡い山吹色や濃い黄金色、もしくはトパーズ色や、スコッチのような濃い茶色まで、さまざまな色合いをもつ長期熟成酒。一見、日本酒とは思えない色合いだけど、これも立派な日本酒の一つ。香りもシェリーのようであったり、コーヒーやダージリンティーのようであったり、チョコレートのようであったり、香木のようであったりととても複雑。


私も長期熟成酒は好きでして、おすすめを1個あげたいと思います。

日置桜 山笑ふ 其の弐



画像がなくてすいません。
これを飲んだのはずいぶんと前でしたが、日本酒好きの後輩に教えてもらったのです。

その色は琥珀色でブランデーのよう。
ねっとりとした口当たりで、芳醇な香り。
一見、蒸留酒の熟成のようですが、そのまろやかさはほかに比肩するものがありません。

とても個性が強いのですが、そこはさすがに米の酒。お料理にもよくあいます。
食中酒として楽しめました。

残念ながら今は販売してないようなのですが、今では

時の匠純米大吟醸の詳細|鳥取県の地酒通販「山根酒造場」

これが売られています。
5年以上低温熟成させた長期熟成純米大吟醸なんて贅沢ですねw

長期熟成酒は、飲んだ後の「酔い覚めの良さ」が特徴ともいわれます。
ぜひ、その味をお楽しみください。

●長期熟成酒研究会●

関連記事