Photo 1月 02, 5 37 10 午後
正月ってことで、縁起物の和菓子をお抹茶とともにいただきましたよ。
Photo 1月 02, 5 38 06 午後
俵屋吉富さんの羊羹と「ふきよせ」です。
干支であるウサギが描かれている方が羊羹、松寿萬年とあるのがふきよせですね。

Photo 1月 02, 5 33 35 午後
羊羹は老舗らしくあっさりした甘み。それでいてねっとりと口内をくすぐる感覚が快感でした。

Photo 1月 02, 5 35 50 午後
ふきよせの方は、生姜味と抹茶味。和菓子としてはありふれたものですが、これは落ち着きますね。カリカリした食感です。

さて、お抹茶はというと祖母が立ててくれました。


祖母の娘(私からすると叔母)は、茶道を人に教える立場にあるほどで、幼少期には私も教わっていました。
その他、琴、華道なんかも教えてもらっていて、意外に和風な子だったのです、かつては。

というわけで、京都らしいお正月でした。


関連記事