IMG_0165
下北沢にリサイクルショップ「NEWYORK JOE EXCHANGE」ができて半年弱が過ぎました。
当初は、「オープンしたてだから良いアイテムが集まってるんだろう」と思っていたわけですが、今でもハイブランドやマニアックなアイテムが格安で販売されています。
買取の多忙ぶりを見るとアイテムも潤沢に入ってきているようですし、安定期に入ったなという印象ですね。

というわけで、オープンからほぼ毎週通ってるNEWYORK JOE EXCHANGEを振り返ってみます。

NEWYORK JOE EXCHANGEが素敵な3つの理由


1.とにかく安い

バレンシアガのコートが1万円切って販売されてたのは、オープン記念でもなんでもありませんでした。
APCのTシャツが800円だったり、ポール・スミスのシャツが3000円しなかったり、ジュンヤワタナベのパンツが3500円だったり、miumiuのミュールが5000円だったり・・・
ハイブランドのアイテムが目玉飛び出すような値段で販売されてます。そうでないアイテムは当然もっと安いわけですから、全身コーディネートしても5000円いかないとかざらです。

2.オシャレアイテムばかり

NEWYORK JOE EXCHANGEは、スタイリストが足しげく通う老舗古着屋HAIGHT&ASHBURYやエッジの効いたアイテムセレクトで知られるショップ「CANDY」「Sister」「BOY」の系列店なのです。
だから、上述したお店の顧客がNEWYORK JOE EXCHANGにアイテムを持ち込みます。

また、査定をスタッフがしっかりと行うためにそこでもフィルタリングがかかるので、当然店頭に並ぶアイテムはハイレベル。

私たちはそこから選ぶだけというわけ。

3.「トレード」がお得すぎる

持ち込んだアイテムの査定結果は、「現金」として受け取れるだけでなく、商品との「トレード」も可能です。

現金で受け取る場合は、査定価格×30%
トレードの場合は、査定価格×60%分の商品と交換

というシステムなので、よっぽど欲しいものがない限りはトレードしたほうがお得です。
査定には、2時間以上かかるので、その間に欲しいものに目星をつけておけばいいでしょう。
差額は現金で払えるので、欲しいアイテムが3000円で、トレード価格が2800円だった場合は、200円だけ現金で払うことができます。


というわけで、もはやファッショニスタに欠かせないショップとなったNEWYORK JOE EXCHANGEでみんな服を売ったり、買ったりするといいよ!


【おまけ】ジョーの小ネタ集


・いらない服はシーズンズレてるだろうけど、高く売れるのはシーズン中のもの。春なら春物。
・靴は概ね、しっかりした価格で売れる。
・査定結果が出る前に欲しいアイテムがあれば、キープしてもらえれる。
・土日の査定は2時間〜3時間くらいかかるので、平日に持ち込んで土日に結果を受け取るだとスマート。
・店員さんはみんなフレンドリーなので、コミュ力ある人はどんどん仲良くなるとハッピーになれる

関連記事