53)
フィリピンで体重1トンもの巨大なイリエワニが捕獲されました。恐竜もしくは戦車のような巨躯には圧倒されるばかりです。
体重1トン巨大人食い?ワニを生け捕り フィリピン - MSN産経フォト
フィリピン南部ミンダナオ島北東部の村ブナワンで3日夜、巨大なイリエワニが生け捕りにされた。5日、AP通信が伝えた。このワニは体長6.4m、体重1075kgで、地元の専門家によると、生け捕りにされたワニの中では最大級という。ブナワンでは先月、水牛が巨大なワニに襲われるところが目撃され、大勢のワニハンターが行方を追っていた。7月から行方不明の漁師もこのワニの被害にあった可能性が高いという。ワニは村に建設予定の公園で展示される

現生の爬虫類では最大級の部類であるイリエワニは、日本の奄美大島や八丈島でも目撃例があるとのこと。
汽水域に生息していますが、海をわたることもあるらしく、こんなのと海で出くわしたら死を覚悟するしかなさそうですね。

巨大ワニといえば、「ギュスターヴ」というナイルワニの個体が有名です。
イリエワニよりは小型のナイルワニですがギュスターヴは別格で、全長は6~8m。年齢は100歳以上で人を襲い、成獣の雌カバを捕食したという話もあるほど。

その姿が動画に捉えられていますが、時代が時代なら「神」とされそうな威容を誇ります。


実際、ナイルワニはエジプトでは水と密接に結びついた存在として豊穣を司る神として崇められていました。

どのワニも食性として人間を好んで食べているわけではないはずで(ギュスターヴは人の味を覚えているとも)、ナイルワニやイリエワニは生息数の減少が危惧されている生物でもあります。
リアル・モンスターハンターに胸踊らせるだけでなく、人間とワニが混合する生息域のあり方についても考える必要がありそうです。

BBCワイルドライフ・スペシャル ワニ 水辺の侵略者 [DVD]
BBCワイルドライフ・スペシャル ワニ 水辺の侵略者 [DVD]
クチコミを見る

関連記事