DSC_0012
私の料理は、いつも塩辛い。
確かに計量カップなんて使わない、でもそれにしても入れすぎてるなんでだ。
・・・・
あ、醤油を容器から直接投入するからどうしてもドバっと入れすぎているんだ!
というわけで醤油差しを買いました。
アデリア60+ ルック ショーユは、実は結構なストーリーを秘めた代物。
ガラス蓋で作られる醤油さしの製造は、特殊な機械を必要とします。それ故に専門のメーカーが作っていましたが、近年そのような工場は減少しつつあります。そんな中この技術を残していこうと名乗りを上げたのが石塚硝子です。製造を止めた工場から機械を譲り受け、構想を練ること約三年。ようやく完成したのがこの商品です。

ルックスは伝統的な醤油さしだけど綺麗な細工がされています。そのうえ、液ダレしないという優れ物。
醤油を入れるとこんな感じ。
DSC_0014
色はクリアとアンバーの2色があって、アンバーは琥珀色。だいぶ渋いし、サマになる。
とはいえ、醤油を入れた状態を考えるとクリアがいいかなーと。
卓上でも素敵だけどワンルームなので、キッチンで調理用として使います。

こういうのを買うと塩やコショウの入れ物も変えたくなってきますねー。

ちなみにこちらの商品、表参道の店舗では売っておらず九品仏の店舗かネットショップのみの取り扱いとなっているようです。

関連記事