写真 12-03-19 19 18 48
こんにちは、弁当男子です。
弁当男子でいるために大切なのは技術ではなくてモチベーションだと思っております。料理するのは好きだけど、その欲求を見たすために弁当を作っているわけではなくあくまで節約のためなので、どれだけ楽しめるかが重要です。

そう考えると、相棒である「弁当箱」が担う役割は大変に大きい。
表参道のMoMA Storeで見つけた「ボナペティ ランチボックス」は、見た目もポップで機能性も高い素敵なお弁当箱です。
「たくさん食べて!」という名前のランチボックス。サラダのドレッシングやスパイスを浸せるソースポット付きのデザインは、メニューのアイディアをおいしく広げます。ピタッとロックできる透明なフタと、取り外し可能な食べ物用仕切り、フォークが付属。デザイン性と機能性を両立させました。学校やオフィスで開けるのが楽しみな、3色(ライム、オレンジ、ブラック)展開。

19cmの正方形とサイズが大きく、仕切りもあって便利。
写真 12-03-19 19 23 40
フタにはディップを入れたり、ソースポットがあったり。
写真 12-03-19 19 19 43
フォークが付属されています。
写真 12-03-19 19 20 37
中の仕切りは取り外し可能。これからは丼メニューやパスタもできるでー!
写真 12-03-19 19 21 20

今後もこの子を相棒に、弁当生活を頑張ろうと思います。

余談ですが、MoMA Storeは雨の日に行くと10%OFFなんですね。得したわー。

ボナペティ ランチボックス,ライム
ボナペティ ランチボックス,ライム

関連記事