medium_3040920714
物騒な世の中ですし、お家のセキュリティは万全にしておきたいものです。
セコムのような業者に頼るのもいいですが到着まで時間がかかってしまいますし、やはりここは古来より人間とともに生活してきた番犬を置くのがいざというときに安心のような気がします。
「本当の総合ペットショップ」をうたう「有限会社ブラスト」さんでは、最強の番犬を取り扱っています。
39)
ほんとにほんとにほんとにほんとにライオンだぁ!
正確には番犬ではなく「番獅子」。
自動車1台分の価格と危険動物の飼育許可、飼育設備など、飼育に際してはいろいろとハードルがあるのですが、それでも安心して日常生活をおくれるなら安いもの。
金も広い敷地も手に入れたという方にはふさわしいセキュリティ&パートナーではないでしょうか。

法的に大丈夫なのか


ライオンは、ご想像通りワシントン条約で保護されている動物であり、原則的に輸出入と売買取引が禁止されています。
しかし、例外として野生で捕獲された個体のうち孫以降の代であれば取引が可能となります。
実際の飼育には、お住まいの市区町村に「猛獣飼育許可」を申請する必要があります。許諾されれば、合法的にライオンを飼育することが可能になるわけです。
ブラストさんで取引されているのはコチラに該当するのでしょう。許可があり飼い主にその決意があるなら、取り寄せますよ!ってことですね。


また、エサ代も相当なものになりますし、もし怪我や病気になっても普通の獣医さんでは見れくれませんので、現実問題として飼育はかなり・・・いやほぼ無理に近いのでしょうねw

ライオンの飼い方 キリンとの暮らし方 (新潮OH!文庫)
ライオンの飼い方 キリンとの暮らし方 (新潮OH!文庫)
クチコミを見る

関連記事