41
炊飯器を「炊飯」のためだけに使ってませんか?
炊飯器は話題の低温調理にもピッタリなんです。
そこで今日は、「鶏もも肉のコンフィ」をつくってみました。
ちなみにコンフィが何かというと、
コンフィ - Wikipedia
コンフィ(フランス語:confit)はフランス料理の調理法であり、各種の食材を風味をよくし、なおかつ保存性を上げることのできる物質に浸して調理した食品の総称である。主に南西フランスで用いられる。コンフィにする食材は肉と果物であることが多く、肉の場合は油脂を、果物の場合は砂糖を用いて調理するのが通例である。
とのこと。
食べたことあるかなーというレベルですw

材料


鶏もも肉:2枚
オリーブオイル:100ml
塩:適量
胡椒:適量
タイム:適量
マヨネーズ:適量

レシピ


鶏もも肉を一口大に切ります。塩、胡椒、タイムをまぶしてなじませます。
59
ジップロックに、鶏肉とオリーブオイルを入れ、揉み込みます。その後、冷蔵庫で1時間寝かせます。
11
ジップロックを炊飯器に入れ、そこに沸騰直前のお湯を入れます。そのまま保温し、1時間。
できあがりがこんな感じ。
41
胡椒とマヨネーズをつけていただきます。

さすが低温調理、しっとりジューシでうまい。タイムの風味が爽やかでいいですね。
しかし、コンフィのポイントは、味だけでなくその保存性。
オイルに浸った状態で保存することで長期保存が可能になるのです。この調理法の場合は、ジップロックのまま冷蔵すれば良さそう。もっとオリーブオイルを増やしたほうが良いのかもしれません。

お弁当や常備菜に、「鶏もも肉のコンフィ」はいかがでしょうか。

それにしても、炊飯器調理は便利すなー!
ローストチキンもできますよ。
あのローストチキンを炊飯器で激ウマに仕上げる!:[豪]


なお、参考にしたレシピは、こちら。
【ウマすぎ注意】炊飯器で作る『鶏もも肉のコンフィ』はかなりお手軽!から揚げ用の鶏肉で作れるよ | Pouch[ポーチ]




他にもこんなレシピを書いてます
[豪]:すた丼、バターチキンカレー、とろろ昆布シウマイ・・・これまで掲載された人気レシピまとめ
[豪]:炊飯器で作る「鶏もも肉のコンフィ」は味も旨いし、長期保存もできる
[豪]:billsのスクランブルエッグ再現レシピ!濃厚まろやかに仕上がりました
[豪]:マイルドで旨い!あの「バターチキンカレー」を自宅で手軽に作るレシピ
[豪]:やっぱりウマい!あの「すた丼」を自宅で作ってみた

関連記事