34
鍋の美味しい季節です。
美味しくて温まって、なおかつ材料を鍋にぶち込むだけとカンタンなのが嬉しいですね。
寄せ鍋、水炊き、キムチ鍋といろいろ種類がありますが、私がオススメするのは「常夜鍋」。
豚肉とほうれん草をつかったカンタンな鍋ですが、毎晩食べても飽きないから「常夜鍋」と名付けられただけあって、美味しいんです。
今回は私が編み出した常夜鍋レシピをご紹介します。

材料


※2人分

豚バラ肉(切り落とし):300g
ほうれん草:4束

ショウガ:2かけ分
昆布だし:適量
水:500ml
酒:300ml(鍋用)

【揉みダレ】
醤油:大さじ3
酒:大さじ3

【つけダレ】
ゴマ:適量
一味唐辛子:適量
醤油:適量
ネギ:1/2本

酒はたくさんつかうので、清酒があればベターです。
鍋に入れる前に豚肉に下味をつけるのがポイントです。

レシピ


鍋に水、酒、昆布だし、ショウガ(チューブ)を入れ沸騰させます。アルコール分を飛ばしましょう。
58
その間に、豚バラに揉みダレで下味をつけます。下味をつけることで豚の旨みが増し、鍋に深みがでます。
07
20分ほど肉を漬けたら、鍋に投入。ほうれん草も入れます。えぐみが出るので下茹でしてから入れましょう。
06
つけダレを別につくっておきます。材料を入れ、そこに鍋の汁を加えます。
鍋のダシは下味をつけた肉のおかげで、かなり美味しいものになっています。
39
タレにつけていただくと、激ウマです。
34
手間はかかりますが下味をつけることで常夜鍋がワンランク上の美味しさにレベルアップします。
常夜鍋に限らず、肉に下味をつけておくといいですね!
Le Creuset ココット・ロンド 22cm オレンジ
Le Creuset ココット・ロンド 22cm オレンジ

関連記事