写真 2013-03-22 20 50 41
美味しい水炊きが食べたい!あの白いスープのやつ!
某博多のアイドルが出演する番組で紹介されていた水炊きの名店「華味鳥」が近所にもあるというので、いってきました。
行き届いたサービスと想像を越えた美味しさに大満足でしたよ!
華味鳥の特徴は、自社で銘柄鶏「華味鳥」を飼育し、それを料理に使っているということ。
華味鳥のこだわり | 博多水炊き 華味鳥 | トリゼンフーズ株式会社
創業者である河津善陽が鶏肉販売を始め、美味しさの秘訣は、原点である鶏自身である事に気付き、創業者自ら養鶏に携わり現在の「華味鳥」が生まれました。 澄んだ空気が満ち、たっぷりと陽光が降り注ぐ鶏舎で、海藻、ハーブ等のエキスを米糠、大豆粕などに混ぜて長期発酵させた「華味鳥専用飼料」を与え、大切に育てた鶏です。
その身が華やかなピンク色で美しく、旨味の中にしっかりとした味の主張があることから名付けられた「華味鳥」。鶏肉特有の臭みが抑えられ、はっきりとした旨みと歯ごたえがあり、自信をもってお勧めできる味です。

そんな鶏肉が美味しくないわけがない。
メニューからして美味そう。
写真 2013-03-22 20 56 03
しかし、一品もうまそうです。
写真 2013-03-22 20 57 34
写真 2013-03-22 20 57 40
写真 2013-03-22 20 57 49
水炊きにつきもののポン酢はダイダイをつかったオリジナル。
写真 2013-03-22 20 58 21
スープだけでも注文できるらしい。
写真 2013-03-22 21 01 35
こちら、砂肝のコンフィをマスタードで。
砂肝の常識を覆す、異常な柔らかさ。砂肝の風味は失われていないのに!
写真 2013-03-22 21 04 25
ネギチャーシューは柔らかさはもちろんのこと、ソースがすごい!これでご飯が食べたい。
写真 2013-03-22 21 05 36
そして、真打。水炊きの登場です。
水炊きはすべて店員さんが仕切ってくれるのでお任せしましょう。
念願の白濁スープにいくつかの骨付き肉が入っています。
写真 2013-03-22 21 07 45
まずはスープだけで飲みます。
滋味あふれる味でしみじみと美味い。
写真 2013-03-22 21 13 36
ネギ、塩、ゆずこしょうが薬味にありますが、最初は無しがいいかも。
写真 2013-03-22 21 14 24
骨付き肉は少しのポン酢で。ジューシーだけどしっかりとした歯ごたえ。肉の味が濃厚です。
写真 2013-03-22 21 14 53
そのあとが、希少部位「せせり」(首の肉)のつみれ。
写真 2013-03-22 21 17 56
そして様々な野菜。そしてコラーゲンのかたまり!
写真 2013-03-22 21 21 47
お鍋のでき上がりです。
写真 2013-03-22 21 21 56
濃厚な旨味のモモ肉、せせりはため息が出る旨さ。薄くスライスされた野菜は美味しいスープをしっかりと吸って幸せな気分になります。
写真 2013-03-22 21 28 10
肝もうめえ!
写真 2013-03-22 21 37 23
締めはちゃんぽん。1人前は結構少ないので食いしん坊なら2人前頼むといいかも!
写真 2013-03-22 22 14 19
お酒をあまり飲まなかったこともあるでしょうが、お値段は一人4000円ほど。
こんな美味しいーそして家では作れそうにないー水炊きがこのお値段なら、お得ではないでしょうか!

関連記事