写真 2013-04-06 13 17 43
ついに幡ヶ谷の名店「不如帰」を訪問。
ラーメン好きを公言しておきながら、今まで行ってなかったのが恥ずかしい。
もっと早くに行っておけば良かったです、こんな美味しいラーメンを人生で食する機会を損していたんですから。
生きてる間にあと何回食べられるんだろう!
爆弾低気圧が接近するなか、30分ほど並びました。
この看板だけでもうお腹鳴る。
写真 2013-04-06 13 21 29
券売機はこちら。スタンダードは醤油味ですが、オススメは塩と聞いたので塩を注文。
写真 2013-04-06 13 31 17
塩そばには特選素材が。「白トリュフオイル」と「塩漬けラード」という豪華さ!
写真 2013-04-06 13 33 11
そして着丼。
なんと見目麗しいラーメンでしょうか。
写真 2013-04-06 13 38 59
美しい黄金色のスープ。
ハマグリと豚の出汁のようですが、貝の旨味が非常に強い。潮汁を飲んでいるくらいの風味。
しかし、動物系の力強さ、まろやかさがしっかりと底支えしています。
他に比類するものがないスープです。
写真 2013-04-06 13 39 16
麺は細め、全粒粉麺のようです。
写真 2013-04-06 13 39 45
これが塩漬けラード。ハーブの香と程よい塩味、口の中でサーと消えていきます。
写真 2013-04-06 13 39 05
チャーシューはしっとりと赤身。脂身が味を壊しません。
写真 2013-04-06 13 39 09
美味い、まずいというレベルではなりません。
貝と動物系のスープ、全粒粉麺、そして厳選されたトッピング。そもそも他に比べるものがない高みに到達したラーメンだった気がします。
先入観を差し引いても、店の近くに引っ越したいレベルです!本当に美味しかったです。

関連記事