写真 2013-04-13 11 04 41
また、淡路町のラーメン屋「」に行ってきました。
2013年大注目のラーメン屋であり、メディアでも話題の「潮」。前回は並んだ挙句お目当てのメニューが売り切れるという憂き目にあったのですが、結果として美味に巡りあったということもありました。
【淡路町】「麺巧 潮」は2013年ブレイク必至!衝撃の魚介系スープを体感せよ!:[豪]

本日はやっとお目当ての「鶏白湯そば」を食べることができました。
店に到着したのは開店から5分後の11時5分。
すでに店内は満員に近かったのですが、運良く入ることができました。
並ぶ人用にイスが用意されていました。
写真 2013-04-13 11 06 59
以前食べた「にほんいち醤油そば」はパワーアップしてる様子。
写真 2013-04-13 11 06 59
しかし、今日食べるのは絶品と評判の「鶏白湯そば」。
写真 2013-04-13 11 05 58
着丼。これがラーメンなのかという外見。
大山鶏のガラをじっくり煮込んだ白湯の甘い香りが、心の奥底にある郷愁を呼び起こします。
写真 2013-04-13 11 19 08
トッピングは、強めに塩コショウされた肉巻きアスパラガス。ポーチドエッグ、ブロッコリー。
アスパラはスープにあいまくり。奇をてらったものではなく、このスープにはこのトッピングという印象です。
追加もできます。
写真 2013-04-13 11 19 17
白濁したスープはあくまでさらっとしていて、鶏白湯にありがちなザラザラ感がありません。ミキサーにかかっていないのでしょう。
甘みがあっと、優しい旨さ。目を閉じて「・・・旨い」とうなるほど。
フライドオニオンがアクセントになっています。
写真 2013-04-13 11 19 35
麺は細麺、スープをほどよく持ち上げます。
写真 2013-04-13 11 19 57
ポーチドエッグはそのまま食べるもよし、黄身をスープに溶かして食べるもよし。
写真 2013-04-13 11 29 15
シチューを食べているような感覚になる洋風ラーメン。
しかし、けっしてトリッキーさを狙ったのではく、スープと麺、トッピングの相性は「収まるところに収まった」という感じでした。
唯一にして至高、そんな喩えがけっして大げさでないラーメンでした。行列必至ですが、ぜひとも食べていただきたいと思います。

おすすめ書籍&グッズ

ラーメンウォーカームック  ラーメンウォーカー東京23区2013  61804‐02
著訳編者表示なし
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) (2012-10-18)
売り上げランキング: 70,454

関連記事