DSCN1687

株式会社プラグラムが提供する飲食店向けオーダーアプリ「Waiter」の新機能発表会に行ってきました。
お客さんにとっては、注文の際の煩わしさが改善でき、店側にはセルフオーダーの仕組みを簡単に取り入れられるというメリットがある画期的な機能でしたよ。
この新機能を導入しているお店で、実際に自由に注文するというコンセプトだったのですが、あまりの手軽さに注文しすぎて店員さんに心配されるほどでした。
会場は都営浅草線三田駅近くの「魚串さくらさく」。
串焼き・串かつの魚介類バージョンというお店。
DSCN1690

手順としては、まず1回目のオーダーは店員さんに行います。
「とりあえずビール」ってやつですね。
すると、こんなQRコードが発行されます。これがセルフオーダーするためのページへの入り口となるわけです。
DSCN1689

QRコードを読み込むとWebページが展開されます。
この画面です。
右下の「注文する」をタップしてみます。
写真 2013-06-11 17 54 53

メニューが登場します。
ここには名前しかないので、どんなお店にもあるはずの備え付けのメニューを照らしあわせながら注文するのが良いかもしれません。
決まれば、下にあるオレンジの「確認する」をタップ。
写真 2013-06-11 17 55 31

すると確認画面に遷移します。
問題なければ、「注文する」をタップします。これで注文は完了です。
写真 2013-06-11 17 58 34

店舗側には、こんなレシートが出て注文を把握するようです。
DSCN1715

ちなみに、注文金額に応じた特典の発行機能があり、ゲームの結果次第ではクーポンがあたるというサービスがありました。
これも店側が当選確率まで設定可能とのこと。
運良く当選しました。
写真 2013-06-11 18 04 40

すると1ドリンク無料のクーポンが。こりゃまた来ざるを得ませんね・・・ってそういうことか!うまいことなってるな!
DSCN1695

そんなこんなで、気づいたらお料理がいっぱい。
料理を注文するのに店員さんを呼ぶ手間が省けるので、サクサク注文できて食事のリズムが良い。
DSCN1701

お気づきかもしれませんが、注文の際に店員さんを呼ばないことはけっして珍しいことではありません。
居酒屋などでタブレット端末を使った注文は良くあることです。その利便性は今更言うまでもありませんね。
そんなセルフオーダーシステムをお客さん自身のスマートフォンを使うことで、お店が簡単に導入できるというのは素晴らしいことだと思います。
またメニューなどあらゆる情報はクラウドにアップされているために、簡単に編集・反映が可能。新メニューの追加などにも迅速に対応できます。
お客さんとすれば、自分の端末でそれぞれ注文できるのは気兼ねがないし、クーポンがあるのも嬉しいですよね。

割り勘機能や、注文済みメニューのなかでどれが配膳済みかってことがわかりやすい機能があればいいなーと思いました。
たくさんの飲食店にこのシステムが導入されたら素敵です!

最近のスマホレジはすごい、自分のスマホで注文できる居酒屋が超便利だった - NAVER まとめ
セルフオーダー | 飲食店向けオーダーアプリ Waiter(ウェイター) by スマレジ
Waiter by スマレジ、飲食店のお客様が自分のスマホで料理を注文できるセルフオーダー機能を提供開始(ドリームニュース) - livedoor ニュース

関連記事