IMG_20180818_153642-01

岡山・倉敷を代表する観光地である美観地区に、深い蔦に覆われた趣深い喫茶店があります。
昭和34年にオープンした「エル・グレコ」は、落ち着いた雰囲気とレトロな懐かしさで多くの観光客にひと時の安らぎを与えてくれる貴重なスポットと言えるでしょう。

歴史ある「エル・グレコ」


元々は大原美術館の創設者である大原孫三郎の事務所として大正14年に建築された歴史ある建造物。
大原総一郎(孫三郎の長男)の勧めによって、現オーナーのお母様が喫茶店として昭和34年に開店されたそうです。
店名は大原美術館に展示されている著名な絵画「受胎告知」の作者エルグレコからとられたもの。
IMG_20180818_153655-01

多くの人出で賑わう屋外と打って変わって、お店の中はとても落ち着いた雰囲気で、休憩にはもってこいという印象です。
IMG_20180818_153700-01

エル・グレコ「受胎告知」の模写が飾られていたり、上げ下げ窓や天井などに大正ロマンを感じることができない。
大きなケヤキのテーブルも印象的です。
IMG_20180818_161536-01

「エル・グレコ」のメニュー


名物はコーヒーとのことですが、ミルクセーキやレモンスカッシュ、カステイラといった昔懐かしいメニューも多くラインナップされています。
IMG_20180818_153936-01

テーブルにあるシロップの容器もレトロで可愛いですね。
じっと眺めてしまいます。
IMG_20180818_153952-01

コーヒーはやや苦味があり、酸味が控えめで、暑い夏に嬉しいスッキリした飲み心地。
その空間と相まって、ゆったりと落ち着くことができました。
倉敷美観地区観光の折には、ぜひとも訪れてみてください。
IMG_20180818_154526-01




関連ランキング:喫茶店 | 倉敷市駅倉敷駅


関連記事