PXL_20201105_060203225

いやあ、こんなカフェがあるなら連泊したかった!(金があれば)
「星野リゾート リゾナーレ熱海」に宿泊したのですが、ホテル内にあるカフェ「ソラノビーチBooks&Cafe」が最高でした。
まず建物の中なのに、白砂が敷き詰められたカフェで裸足で過ごせるのが最高。そして、オーシャンビューなのが最高。ゆったりした空間の使い方が最高。そして干物が食えるのが最高!(期間限定だけど)
ソラノビーチは白砂を敷き詰めたオーシャンビューのブックカフェで裸足推奨(デッキに出る時はサンダルが必須)
PXL_20201105_055050230

11月いっぱいはスペシャルイベントとして干物の魅力を発見できるおやつタイム「3時のヒモノ」が開催されています。
PXL_20201105_055155478

熱海と言えば干物ってイメージがありますが、内装がめっちゃ干物です。
PXL_20201105_055159507
PXL_20201105_055331196

そして、ハンモックっぽいスペースには大きな干物クッションがあって、ここに寝ころべば自分も干物気分に!
後から気づいたけど、魚を干している網を模してるのね…
PXL_20201105_055336973

メインとなる導線はウッドデッキになってるのですが、その他はサラサラの白砂が。
PXL_20201105_055635856

足には、ほぼ付着しないのが不思議ですが、ありがたい。払えばだいたいは落ちますが、帰り際には砂を落とすためのブラシもあるのでご安心を。
PXL_20201105_055629372

カフェなのでソフトandアルコールドリンクやアイス、そして今なら干物が注文できます。
PXL_20201105_060138213
PXL_20201105_060146820

こういう席に座って、ゆったりですわ。
PXL_20201105_060203225

いろんな本もあるしねー。一日いれるかもしれない。
PXL_20201105_060219822

全く映えないテーブルだけど、景色のおかげで何とかなってる。
PXL_20201105_060446162

子供がはしゃいじゃう系スペースですけど、夜遅めまでやってるので大人だけでも楽しめそうです。
エモい雰囲気がありそう。
PXL_20201105_060307037

ユニークな干物を七輪で焼くという最高体験


1000円で干物2種を食べ比べできます。
「伝統干物」と「アップデート干物」からそれぞれ選ぶ仕組み。
「伝統干物」には、サバみりん、鯵の塩干しがあり、「アップデート干物」には金目鯛ハーブ&ガーリック、銀鮭ハラスチョリソー、サバ黒七味といった斬新なアレンジが施された干物がラインナップされています。
私が頼んだのは「鯵の塩干し」と「金目鯛ハーブ&ガーリック」。
PXL_20201105_060505236

これを屋外の七輪で、自ら焼きます!
PXL_20201105_060556822

めちゃめちゃ脂がのっており、焼いている段階でもう勝利は確定。
良い天気だし、ほんとに最高。
PXL_20201105_060646486

「海腹川背」ということで、焼き目がつく程度に腹から焼いていきます。
PXL_20201105_060837628

包む袋までプロデュースされていて、さすが。
PXL_20201105_060919334

ウルトラ上手に焼けましたね!
鯵はやや強めの塩気ながらジューシーで柔らかな身質と臭みのない脂で幸せな気持ちに
金目鯛は干物なのかという鮮烈な味付け。それに負けない金目鯛の風味。イタリアンな感じで美味しい。
PXL_20201105_061011897

お酒飲むもよし、コーヒーやソーダを飲むもよし。時間を忘れる「ソラノカフェ」という空間自体が本当に素晴らしくて通いたいレベルなんですが、そこで用意された干物も格別に美味しい。
良い思い出になりました。



関連記事