IMG_20181222_143149-01

静岡マルイ1Fに面白いコンセプトのカフェがありました。
「san grams」というお店で、生産家ごとの茶葉に注目し、コーヒーのシングルオリジンのような形でその茶葉を提供しています。
静岡と言えば、「日本茶」というイメージですし、美味しいお茶を美味しい飲み方でプロに入れてもらうこともそうそうありませんので、良い体験ができました。
カウンター形式の席に座ると、目の前には様々な屋号が記されたお茶缶が目に入ります。
オシャレに日本茶を楽しめそうな雰囲気ですね。
IMG_20181222_143221-01

メニューには様々な日本茶の銘柄だけでなく、茶葉の種類ごとに分類されています。
玉露、かぶせ茶、煎茶、茎茶、ほうじ茶・・・
異なる特徴を持ち、異なる製法で作られたお茶を楽しむことができるのです。
IMG_20181222_143319-01

私がいただいたのは「玉露(前島東平)」。
旨味と甘味がすば抜けた最高級の玉露とのこと。
日本のお茶一覧 - san-grams online shop サングラムオンラインショップ
生産家:
前島 東平(静岡 / 岡部)
地域の特徴:
玉露の三大産地のひとつの岡部朝比奈。山の斜面での玉露作りは100年の歴史があり、数々の受賞歴をもつ。年に1度の手摘みによる、希少な茶葉。

スタッフの方が適切な入れ方、タイミングで提供してくれます。
抽出時間は約2分、砂時計で計ります。
IMG_20181222_144812_1-01

入れていただいた玉露(一煎目)は、翡翠を液体に化えたような清廉とした美しさがあり、その味わいは上質な一番出汁のような旨味があり、美味しい。
苦味は感じず、むしろねっとりとした甘味さえ感じます。
特別な高級茶で、普段から飲めるようなものではないとはいえ、日本茶の概念が変わりました。
IMG_20181222_145118-01

驚いたのは、入れ終わった後の茶葉をわさび醤油で食べるということ。
抽出が終わった茶葉は、程よい苦味と旨味があり、野沢菜のような味わいが。
お茶が持つ本来の美味しさを最大限まで味わえることができますね。
IMG_20181222_145920-01

「san grams」では、お茶にピッタリなお菓子も用意されています。
ただの甘味ではなく、お茶を使ったお菓子もあり、相性抜群です。
IMG_20181222_144619-01
IMG_20181222_144642-01

個性豊かなお茶を、プロに最適な方法で提供してもらう。
なんとも静岡らしいカフェでした。

「san grams green tea & cafe 静岡店」の店舗情報


所在地: 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町5−2
電話: 054-663-9820

関連記事