このエントリーをはてなブックマークに追加
EC5517EB-F320-4E88-A512-AFB359E5BC86

こんにちは、ラマです。
今、東京の国立科学博物館で「古代アンデス文明」展が開催されています。
同じエリアにある「上野の森美術館」では「怖い絵」展も開催されており、超がつくほどの大行列。様々なメディアでも取り上げられています。
しかし、その影に隠れた古代アンデス文明展もけっして面白くないというわけではありません。

いやむしろ、日本の古代文化と多くの共通項を持つ古代アンデス文明は、見れば見るほどインスピレーションを掻き立てられるものです。
アカデミックな観点だけでなく、ただ見ただけでも、面白い。可愛かったり、奇妙だったり。
楽しいですよ。
その割には、空いてるんです・・・
A2BF710E-3F91-4DF5-8302-77F65E4722C9

アンデスといえば、空中都市マチュピチュでお馴染みのインカなどがそれです。
AE195BC7-D5F6-4449-99F5-419E68BFEBD2

精霊の頂点に立ち、当時の人々から大きな尊崇の念を集めていたジャガーを初め、様々な動物たち。
古代アンデスの精神世界をまざまざと見せつけられますよ。
8BF918EB-3526-45F1-8E21-015336317025
2B371A4F-5640-4B3D-A374-E05D15930A72
C88EDB8C-4A35-49D3-A8B6-63B1E59DADDE
AD0D993F-A0FC-4B69-8A4D-BFCC5C8F911F
DC4B0B30-B864-416C-8BD4-7E11662BC9F5
85418D22-9AA6-415F-9FED-C765CB430EEC
077DDC87-F515-4A34-98CF-2AD61EC0B46E
7A4AF189-AC4A-4314-BD0B-96352125DB4E
A397EE01-E600-41DA-9F63-ECA30CB6C55A
3F04329C-0EFF-4315-8406-9B64DDE37232
5FDB930F-5DFB-464D-ADC6-408BBA756A03
6582CE51-A525-476D-8C4A-4E9FE3F2705C
46D9136C-860E-49D0-AC64-9AEA4F3A05B8
ED140B26-1CAF-44D4-BF24-2496F3B76D60

首が180度捻れた「自身の首を切る人物の象形鐙型土器」。
73F18E09-6B39-4EBE-920E-E935B99255A6

血管あたりがリアルすぎませんかね。
1B3E8E52-F398-4310-9966-B16514B31C36

なお、チリバヤ文化における穴を穿つ手術を施された頭蓋骨だったり、ミイラも生々しい姿で多数展示されています。
「怖い絵」展も素晴らしいのでしょうが、ぜひとも「古代アンデス文明」展にも足を運んでみて下さいませ。

古代アンデス文明展
このエントリーをはてなブックマークに追加