写真 2015-06-22 19 52 46

6/17にオープンした話題のマンガサロン「トリガー」に行ってきました。
渋谷を並木橋方面に向かったところにある雑居ビル4階。テナントはsakebaやDENBAR、そして「トリガー」。
韻が踏める物件を探したんでしょうか。
それはさておき、楽しい場所でした。私自身、あんまり漫画を読むわけではないんですが、それでも漫画を読むのは好きだし、たまに行く漫画喫茶より全然楽しかったわけです。
その理由は、やはり「トリガー」ならではの理由がありました。
ウッディな内装で本棚が天井まで続いています。
とにかく本棚を中心に設計した空間なんだそう。
写真 2015-06-22 20 04 28

蔵書は1万4千冊くらい。満タンになったら1万5、6千冊くらいになって、毎日日5冊読んでも5年かかる量の漫画で埋め尽くされるのだとか。
写真 2015-06-22 20 04 37

貴重な書籍も多くあって、手塚治虫による「COM」や火の鳥の復刻大全集などもあります。
写真 2015-06-22 20 40 36

唯一のソファ席をマンガサロン『トリガー』発起人である小林琢磨氏に押さえてもらいました。
写真 2015-06-22 20 04 52

漫画を読みながら、お酒が飲めるご飯が食べて語らうというのが「トリガー」。
任意で「問診票」に記入するとそれに基づいてコンシェルジュが自分にピッタリな漫画をオススメしてくれるんだそう。
写真 2015-06-22 20 12 09

フードやドリンクには漫画が元ネタになった名前がついています。
相当な漫画好きでも全部の元ネタはわからないとか。
写真 2015-06-22 20 07 04

ベタなものから、難解なものまで。
私がわかったのはラムコークくらいでしたw
写真 2015-06-22 20 08 03

発起人自ら漫画と「トリガー」への思いを熱く語っていました。
そのはずですが、写真はニヤついた感じになってしまいました。
写真 2015-06-22 20 27 55

漫画飯が食べられるのも特徴かもしれません。
花の「シャケトー」はズボラ飯でお馴染みなアレですね。
写真 2015-06-22 20 29 29

肉団子は、進撃のヤツですね。
写真 2015-06-22 20 28 42

さて、私がコンシェルジュにオススメいただいのは、まず『ゆかりちゃん』。
「雑学が盛り込まれてて、あとで人に我が物顔で話せるヤツ」というオーダーでオススメされました。
ハートウォーミングな料理漫画風。
名前通り、ふりかけの「ゆかり」を使ったものばかり1巻完結。
写真 2015-06-22 20 15 30



そして同じく、雑学系で『茶柱倶楽部』。
『バーテンダー』の日本茶版といいましょうか。お茶で人生の悩み、解決します。
写真 2015-06-22 21 22 41




どちらも薦められなきゃ人生で絶対に出会わなかったであろう漫画。
今連載されているものなら何かの拍子に出会うかもしれませんが、そうじゃないからやっぱりレコメンド大切ですね。
どの漫画も3巻までしかないんですが、そのかわりに多種多様な漫画を扱っています。
思わぬ角度から自分の好きな漫画を発見できるので、漫画に詳しくないけど読むのは好きって人のほうが楽しめるかもしれません。
漫画フリークよりも。

備考ですが、トイレは隠し扉の裏です。
写真 2015-06-22 21 31 44

関連記事