このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_0604

ドン・キホーテで見つけたツナ缶、ただのツナ缶ではありません。
明太子の老舗「ふくや」が製造する「めんつなカンカン」は、明太子味のシーチキンであり、十朱幸代もビックリの大人気商品。
食べ慣れたシーチキンよりも随分と高価なのですが、売れるの納得の美味しさでした。
ツナには国産のビンナガマグロを使用、それも脂が乘る春から夏にかけて漁獲されたものだそう。
そんなツナに「味の明太子 レギュラー」の漬け込み液を絡ませて、辛味を旨味を浸透させます。
IMG_1012

見慣れたツナよりは随分と白い、それでいてほんのりと赤みがかっていますね。
これが明太子の漬け込み液でしょうか。
IMG_1013

そのまま食べると、クドさのないツナ本来の美味しさとピリッとした辛さが際立っていることがわかります。
シーチキンだとどうしても油っぽさが先に立ってしまうんですが、「めんつなカンカン」はそんなことはありませんでした。
明太子の旨味と辛味があるので、ご飯やそうめん、うどんにも合います。
「ツナごはん」なんてシーチキンだとなかなか厳しそうですが、味付けとさっぱりさから、ご飯に合うんですね。
IMG_1014

1つあたりの価格が300円程度とかなり高価なんですが、その価値はあるという印象でした。
クセになると危険な美味しさ・・・
めんツナかんかん | 味の明太子 ふくや


このエントリーをはてなブックマークに追加