sengyo

食を楽しむ先輩の影響で、「ポケットマルシェ」を利用してみました。
「ポケットマルシェ」は農家・漁師から直接購入できるオンライン直売所みたいなサービスで、普段はスーパーマーケットに並ばないような農作物や魚介類がラインナップされているのが面白いなという第一印象でした。
私が購入したのは秋田の最北端で底引網漁業を営まれているという山本太志さんの「何が入るかわからないセット2020」、通称「鮮魚ガチャ」。



イカやカレイを中心に何が入るかわからないというドキドキ感のもと、注文しました。
自然が相手のことなので、注文から到着予定までは結構バッファがあります。発送時のご連絡には1週間ぶりに船が出せた、とのコメントがありました。

この「何が入るかわからないセット2020」はサイズが何段階があるのですが、1~2kgだと2,376円。そこに配送料となりますが、東京だと3,000円ちょいとなります。
はい、これが3,000円の「何が入るかわからないセット2020」です。開けた瞬間、呆気にとられました…
PXL_20201001_065814314

大きなカナガシラが3匹、小さなヤリイカが10匹くらい、これまた小さなノドグロが6匹、マガレイ・ムシガレイ・ヤナギムシガレイがたくさん(数えてなかった)という構成。
オススメの食べ方は、発送時に山本さんが教えてくださいました。初めての船上梱包ということで鮮度が抜群。とにかくすぐに処理をしないとと思い、鱗をひき、エラや内臓をとっていきます。
それでも当日にはやりきれなくて、次の日に持ち越してしまいました…
PXL_20201001_110658682

取り急ぎ、ノドグロを叩きにしましたが、小さくてさすがノドグロ。独特な風味と脂のノリが素晴らしかったです。
PXL_20201001_093555884

シンプルに塩焼きも旨味が凝縮していました。
息子の離乳食にも使えて良かったです。
PXL_20201002_090928263

マガレイは煮付けにしました。
カレイを捌いたのは初めてだったんですけど、形状の割にはさして難しいということはなかったですね。
ヤナギムシガレイやマガレイはサイズによってはフライやから揚げにしようと捌きました。小さいのはまるごとでもいいかなって思ったんですが、大きな個体は5枚におろしました。
PXL_20201002_090920670

カナガシラはあまり東京では見かけない魚種ですが、見たまんまホウボウの仲間だそうです。
その「なめろう」は、秋田の郷土料理とのことで、やってみました。
まるで果物のような甘みがあって、臭みは一切なし。だから味付けや薬味は最小限でOKで、味噌とネギのみです。青身魚のなめろうとは全くの別物ですね。苦労して捌いた甲斐がありました。
PXL_20201002_090934386

イカは身を醤油漬にしました。
とろけるような食感と甘みが素晴らしくて、ホカホカご飯が止まりません!
PXL_20201001_225542144

…と色々作ったんですが、これでもごく一部で、まだまだ冷蔵庫には魚が詰まっています。「鮮魚ガチャ」1箱は、大人2人で食べるなら1週間分にはなりそうです。
お魚好きにはオススメですが、ご留意いただきたいのは、鱗を引いたり内臓をとったりといった作業を自分で行わなければなりません。ただ今ならYouTubeに捌き方動画が上がっていますし、それを見ながらどうにでもできると思います。
なお、捌くときには小出刃包丁があると便利です。三徳包丁やペティナイフでも出来る人は出来るんでしょうけど、小出刃の方が圧倒的に扱いやすいので。
私はこの安いやつをAmazonで買いましたが、使い勝手がいいです。




というわけで、初体験のポケットマルシェ、初体験の鮮魚ガチャには大満足です。
他にも鮮魚ガチャと呼べそうな出品もあり、中でも深海魚にチャレンジできるものもあるようなので、次はそれを注文してみようかなと思っています。
お魚好きには、ポケットマルシェの鮮魚ガチャがオススメです。





関連記事