IMG_20191126_204356

イカの塩辛はもちろんのこと、塩麴や醤油麹、アンチョビ、ナンプラーまで自作してきた私ですが、ぬか漬けはとにかく失敗してきました。
なんせ、手入れが面倒なんですもの・・・

それでもぬか漬けを自作したいという物好きのための福音が、無印良品からもたらされました。それが「発酵ぬかどこ」です。
そもそも、ぬか床はまず昆布や唐辛子、野菜くずを漬け続けることで熟成が進み、やって美味しいぬか床になります。漬物を漬けられるのはそれからなんです。
なのに、無印良品「発酵ぬかどこ」ときたら、めんどくさいことは一切ナシ。いきなり漬けて美味しい漬物ができるというんだから驚きです。
背面の説明書きには、「あらかじめ発酵させてある」と書いてありますね。

また毎日かき混ぜる必要もないというからもう、便利すぎます。(1週間に1度はかき混ぜる必要はある)
IMG_20191126_204447

きゅうり、かぶ、大根、なすなどの漬け方と漬け時間の目安が掲載されているので、初心者でも安心です。
IMG_20191126_204415

よく見ると、赤い粒が見えます。
すでに唐辛子などが入っていて味わいが調整されているんです。これをベースに、塩を足したりして自分好みの味にします。
IMG_20191126_204611

とにかく毎日、何か漬けてしまっています。
きゅうり、にんじん、プチトマトなど・・・
自分なりの漬け具合を探るのも楽しいですね。
IMG_20191126_205304
IMG_20191126_205510

初回はどうしても浸かりが甘くなってしまいましたが、毎日自分好みのお漬物が食べられるのは幸せです。塩分過多には気をつけつつw

我が家にぬかどこがあると、面白いものにもチャレンジできます。
たとえばエリンギの漬物。しっとりした質感と独特の風味がクセになる味わい。
IMG_20191130_094805

チーズを漬ければ、味が濃厚になって一気に大人のつまみになります。
IMG_20191202_090552

豆腐や卵黄というのもやってみたいですし、お肉とかも漬けられるんじゃないかなぁと今から楽しみにしています。

特別な容器もいらず890円で始められますし、乳酸発酵食品を毎日安定して摂取できたらきっと体にもいいはず。
塩分に気を付けて、毎日自作の漬物食べてみませんか?


関連記事