ハイキング

頂上は大パノラマの絶景!秩父の名峰「武甲山」に登ってきた!

IMG_0059

ゴールデンウィークに、秩父の名峰「武甲山」に行ってきました。
標高は1,304m、日本二百名山に数えられる山ですが、石灰岩の採掘によって削られた山肌が痛々しいという特徴もあります。
続きを読む

日本唯一の砂漠は荒涼たる異世界!濃霧の中、三原山から裏砂漠を歩いた

写真 2018-04-06 13 33 41-min

伊豆大島の地図を見ると、実はほとんどが三原山であることに気づきます。
それは滋賀県における琵琶湖の比ではありません。
約2万年前から大きな噴火を繰り返してきた荒ぶる神の山、三原山は遊歩道も整備されており、登山というほどの過酷さはありません。
しかし、その光景は地球のものとは思えない、圧倒的なものなのです。
続きを読む

高尾山に飽きたあなたへ!小仏城山から日影バス停へ降りる隠れルートが面白い

A5BD4263-DE9A-4174-A777-7ACF0752F8CD

高尾山は都心からのアクセスが抜群に良く、老若男女が楽しめる環境が整った素晴らしい低山です。
もちろん、それだけにとんでもなく人が多く、またルートも行き尽くしたからと足が遠のいている方も少なくないでしょう。
しかし、地図を見ると高尾山より奥側にいくつも楽しめそうなルートがまだまだ点在しているのです。

今回は、高尾山から小仏城山、そして日影に至る爽快なルートをご紹介します。
続きを読む

苔生す登山道と森林限界、関東以北最高峰の日光白根山へ

IMG_3353

日本列島に台風が迫るシルバーウィークに、日光白根山に登ってきました。
絶望的な天気予報が続いていたのですが、直前になってなんとか土曜日は雨が振らないかもしれない・・・という予報に好転。
前乗りして朝から登る予定を、移動当日に登るという強行スケジュールに変更。
山頂とのピストンでしたが、それでも初めて森林限界を越えた景色を目の当たりにできた感動は中々のものでした。
続きを読む

【第3回】ニッコウキスゲ満開の車山から八島湿原へ歩く霧ヶ峰大草原の旅

IMG_0931

「ヒュッテみさやま」をチェックアウトし、帰路につきます。
昨日よりは少し天気が悪く曇天気味ですが、それでも清々しさは変わらず。
まずは近くにある旧御射山神社にまでいってみます。続きを読む

毎年来たい!霧ヶ峰・八島湿原にある快適すぎる山小屋「ヒュッテみさやま」

IMG_0881

霧ヶ峰・八島湿原周辺には、いくつかの宿泊施設がありますが私が選んだのは「ヒュッテみさやま」。
テレビや雑誌などで多く取り上げられている人気施設で、私は年始から予約していました。
ヒュッテとは山小屋のことですが、もはやここはペンション。これを山小屋と認識してしまうと他の山小屋には行けなそうです。
それくらい居心地抜群、清潔で過ごしやすい場所でした。続きを読む

【第2回】ニッコウキスゲ満開の車山から八島湿原へ歩く霧ヶ峰大草原の旅

IMG_0743

車山山頂から八島湿原に向かうのですが、その間に蝶々深山や物見岩というスポットを経由します。
ここからが、このハイキングの醍醐味。365度、どこを見渡しても風そよぐ大草原なので、本当に清々しい。
ずっと、ここにいたい。そう思える場所でした。続きを読む

「ころぼっくるヒュッテ(霧ヶ峰)」高原が一望できる絶景カフェで名物のボルシチを!

IMG_0635

霧ヶ峰や車山高原にはビーナスラインがあるおかげで、サービスエリアやレストランがあるんですが、せっかくだったら雰囲気のある場所でご飯を食べたいところ。
そこでぜひとも行って欲しいのが、「ころぼっくるヒュッテ」。
高原を一望する見事な眺望と、美味しいボルシチが名物です。続きを読む

【第1回】ニッコウキスゲ満開の車山から八島湿原へ歩く霧ヶ峰大草原の旅

IMG_0658

蒸し暑く、騒々しい東京を離れ、長野の高原へと避難してきました。
場所は、エアコンでお馴染みの「霧ヶ峰」。行けば、なぜエアコンの名前になったのかがわかる爽快感でした。
東京からは公共交通機関で、3時間ちょっと。
そこには天国のような草原がありました。
続きを読む

「高水三山」目に眩しい新緑の奥多摩を緩めにハイク

IMG_8423

奥多摩の高水三山へ緩いハイクに行ってきました。
高水三山とは、高水山(759m)、岩茸石山(793m)、惣岳山(756m)の三山を併せたもので、極めて緩い縦走路になっています。
ゆっくり歩いても4時間(休憩除く)というルートで難易度も低めなので、新緑の今オススメですよ。続きを読む
記事検索
スポンサードリンク
定期購読はこちら
follow us in feedly