このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_5572

『キングダム』好きなら、ちょっとテンションが上がるかもしれません。
伊豆高原にある大室山は、まるで黒羊の戦いに登場する中央丘のようなビジュアル。趙軍と秦軍がその覇を巡って激戦を繰り広げたあの場所にとても似てるんですよ。
大室山は標高580mの単成火山であり、スコリア丘と呼ばれる円錐台形の形状をしています。
神様が砂場遊びをしたかのように、こんもりとした見た目がユニーク。
麓にある伊豆シャボテン公園から見るとこんな感じ。
ここだけ急に山があって不思議な感じですが、良い借景になっています。
IMG_5558

真下から見上げると、その巨大さに驚きます。
毎年2月の第2日曜日に山焼きが行われるのですが、訪れたのがその1ヶ月後くらいだったのでやや寂しい光景に。
IMG_5559

大室山は自然景観保全のため徒歩による登頂は禁止されています。そのため有料のリフトにのって山頂へ。
往復で大人500円、6分の行程です。
IMG_5560

スキー場にあるアレですね。
IMG_5561

登りは足がつきそうなくらいの高さを進むので高所恐怖症でもあまり怖さはありませんでした!
IMG_5562

登りながら伊豆の眺望を楽しめます。
IMG_5563

頂上では火口の周囲をぐるりと巡る「お鉢巡り」が楽しめます。1周は1kmほど。10分から20分くらいでしょうか。
舗装されているので、ハイヒールでも大丈夫。
IMG_5566

かつの火口だった場所には何故かアーチェリー場が。
入場料600円に道具代400円で、1000円で遊べます。しかし、何故アーチェリー。
IMG_5564

頂上西側にある五智如来地蔵尊は、約300年前に9歳の地頭の娘が身ごもり、その安産を大室山浅間神社に祈願したところ無事出産したことのお礼として、強力さんが運び上げたんだそう。
IMG_5568

頂上というか三角点は火口の南側にあるようです。
IMG_5567

遮るものがなにもないので風が吹きすさんでいて、寒い。
そして、標高588mなので凄い高山にいるような気持ちになる。気持ちが良い!
IMG_5569

こちら、三角点。
高尾山が標高590mですから、大室山はほぼ同じ高さということになります。
IMG_5570

眺望は曇っていたこともあり、やや残念。それでも別荘地はもちろんのこと、伊豆半島の景色や伊豆大島、そしてうっすらと富士山まで見えました。
もし桜が咲いていればもっと美しかったんでしょうね。
IMG_5571

なかなか珍しい景勝地なので、ぜひとも一度行ってみることをオススメします。
春から夏の晴れた日はさぞかし気持ちいいでしょうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加