IMG_0059

ゴールデンウィークに、秩父の名峰「武甲山」に行ってきました。
標高は1,304m、日本二百名山に数えられる山ですが、石灰岩の採掘によって削られた山肌が痛々しいという特徴もあります。
池袋から特急レッドアローにのり、横瀬駅で下車。
名物の芝桜が終わりそうという時期でしたので、乗客も多かったですね。
IMG_0055

駅前には大きなトイレもありますので、ぜひとも済ましていきましょう。
IMG_0056

ここからタクシーで登山口まで行くのがラクなのですが、あえて歩きます。
1時間くらいだったでしょうか。
趣味次第ですが、歩いたほうがいいモノを見れます。
IMG_0058


登山口まで続く、圧巻の工場群


武甲山は石灰の一大産地であり、登山口に至るまでのルートにはそのための工場が林立しています。
なかなか見ることができないような規模感の工場が轟音を立てて可動している様は、圧巻でロマンを感じます。
IMG_0061
IMG_0063
IMG_0065
IMG_0068

工場側のご厚意で登山者が利用できるトイレもあります。
ありがたいですね。
IMG_0069


武甲山御嶽神社から登山スタート


途中には湧き水があり、水分補給が可能です。
武甲山の湧水は有名なので、いただきましょう。
IMG_0072

長い舗装路を歩くと武甲山御嶽神社の一ノ宮に到着。
ここから登山がスタートします。
山開き直前だったのですが、ボランティアの方が常駐されているようで、お声がけいただきました。
秩父の狛犬は、狼ですね。大口真神という狼の神への信仰でしょうか。
IMG_0075

昨年、この場所に「LOGMOG」というカフェができました。
食事や休憩に使え、秩父の名物が取り扱われています。
IMG_0077

涼しく落ち着いた店内です。
IMG_0080

冷えたラムネなんて飲んだ日には、もう山に登る気持ちなんて(ry
IMG_0081


ひたすら森林帯を歩く


ときに急登もありますが、歩きやすく清々しい登山道です。
IMG_0083

マスでしょうか、養殖されているような場所もありました。
IMG_0085

湧き水もあります。
IMG_0087

時折、見かける巨木は信仰の対象になっていることが多いようでした。
IMG_0088

精霊がこちらを見下ろしていそうな、そんな枝ぶりの巨木です。
IMG_0092

時折、石が転がっている場所もあります。
よく見ると、石英が混じったような石灰岩で、普段あまり見ない風景に足が止まることが多いです。
IMG_0095


広々とした山頂と大パノラマの絶景


頂上付近は広々としたスペースがあり、休憩や食事に最適です。
IMG_0126

ワンダーラスト・イクイップメントのワイドマウス・スタッフサックに食材と調理器具を詰め込んできました。
IMG_0109

といっても、カップヌードルリフィルを作っただけなんですけどね。
今回はじめて、お箸を使ったんですが、お箸って便利。また今度、ご紹介します。
IMG_0124

頂上にいる狛犬は、なんとなくユーモラスでした。
IMG_0099

そしてこの絶景です。
1304mとはいえ、この大パノラマは圧巻でした!!
IMG_0101

ちょっと水不足で、疲れました・・・
IMG_0102

秩父の名峰「武甲山」は、山歩きの魅力と大絶景が素晴らしい山でした。
水が不安なときは途中の湧水を利用するといいのかもしれないですねぇ。

そんな素敵な山がどんどんと石灰岩の採掘によって、どんどんと削らていくのは果たして良いことなのかどうなのか・・・
今日登った武甲山と数週間後の武甲山は違う形になっているんですよね、それも人為的に。
大事な産業なんでしょうが、秩父にたくさんの恵みを生む神奈備山ですから、考えてみる必要はあるかもしれません。