IMG_20181021_203542-01

数々の人気商品・人気店を世に知らしめる「マツコの知らない世界」で紹介されていたのが、この小さな包丁です。
その名も、「MAC チーズ・バターナイフ」。
切る・すくう・伸ばす・・・朝食の様々なシーンで活躍することから、モーニングナイフとも呼ばれる小さな包丁ですが、これの使い勝手が本当に良いんです。

MACの包丁って?


MACは大阪府堺市にある包丁ブランドです。
MADE IN JAPANの切れ味の良さはもちろん、使い易さや品質の高さから顧客満足度が高いんだそう。
1965年(昭和40年)に現創業会長が包丁メーカーとして独立、より安全な、より切れる、より軽い、より使いやすいをテーマに多岐にわたる様々な包丁を制作しています。

HOME|マック株式会社は堺市で包丁の製造・販売を行っています。一度使うと手放せない切れ味を、是非お確かめください。

MAC チーズ・バターナイフが便利


MACのチーズ・バターナイフは、刃渡り10cmの小さなナイフです。
その名の通り、バターナイフのような形状をしていますが、切れ味鋭いれっきとした包丁なんです。
IMG_20181021_203632-01

刀身には、超硬モリブデン鋼を使用。
丸みのある先端の形状が、「チーズを切る」・「ジャムをすくう」・「バターをのばす」といったまさに朝食に必要な作業を便利にしてくれます。
IMG_20181021_203645-01

シンプルで握りやすいグリップ。
手が小さな人にはとても使いやすい。
IMG_20181021_203655-01

チーズ・バターナイフとは言いつつも、ちゃんと切ったり剥いたりが可能です。
私はかなり熟した柿の皮むきに挑戦しましたが、力加減が難しいなか、その切れ味と小回りの良さで比較的容易に向くことができました。
IMG_20181021_203744-01

「マツコの知らない世界」番組中ではネギを刻んだりされていましたし、その柔軟性を生かして刻んだニンニクを潰すといったことまで可能のようです。
大きな三徳包丁では難しい作業も、このチーズ・バターナイフならば簡単にこなせそうですね。
IMG_20181021_203710-01


「MAC チーズ・バターナイフ」はとても安価ですし、それでいてとても使いやすいのが特徴。
これは間違いなく、一家に一本の包丁だと思いました!



関連記事