このエントリーをはてなブックマークに追加
8331BA5E-5E05-499C-91F8-918AAD1E9A79

世界遺産と仏像と修学旅行生の数で言えば京都は日本一だと思いますが、「インスタジェニック」なスポット数においてもかなりのもの。
なかでも、京わたがしの専門店「JEREMY & JEMIMAH (ジェレミー アンド ジェマイマ)」の前でスマホやカメラを構える人の多さは新名所誕生を実感させるに足るものでした。
店の向かいは「縁切り」で名高い安井金比羅宮。
その前でうら若き乙女たちが嬌声を挙げながら、綿菓子を掲げるのはいささか異様とも思えます。
とはいえ、たしかにフワフワした綿菓子と古都の町並みは不思議なマッチングを見せ、写真を撮りたい気持ちもわかるような気も。

mahoさん(@__13mhmh)がシェアした投稿 -


しかし、いかに可愛いとはいえ、この綿菓子は大きい・・・食べ切れる気がしない。
そんな時にはお持ち帰りしてしまいましょう!

ジェレミー&ジェマイマの綿菓子はお土産にできる!


清水寺の近く、東山エリアにあるジェレミー&ジェマイマは、京都ぽいフレーバーの綿菓子を食べさせてくれるお店。
DEC4BA35-844C-487D-AAA8-1C536C767886

通常は祭りの屋台のようにその場で食べるスタイルですが、観光客向けに一定期間の保存ができる「お持ち帰り」も可能です。
E69678F1-45B2-4F1C-B7EC-443623E439C1

メニューはこちら。
桜餅やきな粉、抹茶といった京都っぽいフレーバーが中心。
E81E0D15-FB9F-43AC-B282-1F94C7830349

こういった密封された袋にいれてくれます。
軽いので京都から東京まででも負担なく安心して買って帰れるのが嬉しい。
9382A53C-FA19-4382-9A12-7FE04B5E7814

買ったのは「桜餅」。
パウダーは別添えで。
971F142A-DE82-4203-B047-3DBEF655A56A

袋から出してパウダーをかける。そして、ちぎって食べる。
39A28F0A-BACA-41B2-9E01-4689DCDD94D3

持って帰る過程で、ちょっとギュっとなってしまった。
DD8DCE69-96AA-49B5-9729-37B1350DEBB5

驚くほど桜餅の再現度が高く、そして恐ろしいほどに甘い。
持ち帰るのは簡単だけど、どっちにしろ食べきれませんでしたとさ。ちゃんちゃん。
8DD59A97-AD3F-4506-9AA4-14E1DC53851B



このエントリーをはてなブックマークに追加