IMG_4718

京都で人気のホルモン焼き屋「ホルモン千葉」が、今注目を集める「奥渋」エリアに上陸!
去年オープンしたそうですが、つい最近まで全く知りませんでした・・・
発見した友人や京都に縁がある面々で行ってきたのですが、このコスパと味の良さは何なん!奥渋でこのコスパはなんなん!!
ホルモン千葉では「千葉のコース」(2800円)が基本です。
カウンターのみ、目の前で店員さんが調理をしてくれますので、私たちはただ抜群のタイミングで食べるだけ!

まずはウーロン茶からスタート!
冷凍庫1回分くらいの氷が入った超巨大ウーロン茶。飲み終わったころには、利き手がちょっと太くなってましたね。
IMG_4782

卓上にはモヤシがありおかわり自由ですが、そのまま食べるのではなく焼くためにあるので、手出し無用です。
IMG_4781

お通しは、モツの塩煮。
トロトロの持つと塩味スープ、まずこれでお客さんの胃袋を掴みます。白ご飯欲しくなるね!
IMG_4783

斜めに傾いた鉄板の一角に穴があいた特注品、その先にはつけダレの椀が。
焼いた脂をタレに落として、渾然一体となったところで、後から利用するのです。
IMG_4784

「コク塩」と言われる塩味の焼き物は5種。
味付けされた中落ち、マルチョウ、豚舌、喉、首を店員さんが焼いて下さいます。
IMG_4785

中落ちのジューシーさは異常。
IMG_4786

ニンニク塩ダレの鮮烈さが、ホルモンの脂と合間って最高。
IMG_4788

「黒ダレ」は心臓、頬肉、小腸、アカセン。
焼きながら、先程のつけダレをつけてジュージューと。
IMG_4790

心臓は「アブシン」という名前。
臭みは一切なく、甘味が強い。
IMG_4789

脂が染み出すホソ(小腸)は、いくらでも飲める。
IMG_4792

締めは焼きそばか焼きうどんかを選択できます。
肉汁と脂が混じり合った黒ダレをを絡めて焼いていきます。
IMG_4793

どうです、この色合い!
そこに青ネギと生卵を絡めて頂きます。
肉の旨味が溶けだしたタレをがっちりとうどんが受け止めます。この締めが素晴らしい。
IMG_4794

ホルモン千葉の焼きそば。締めは焼きそばも選べるよ!

Go Nakataniさん(@nakatanigo)がシェアした投稿 -



それでも食欲が収まらなかったので、追加で焼きそばも注文。
IMG_4795

焼きそばも旨いなぁ・・・
IMG_4796

最後はデザート代わりのマンゴードリンク。これをグっと飲み干してフィニッシュ。
IMG_4797

お土産にオリジナルのミンティアを貰えます。
IMG_4798

人気店なので予約は必須!
落ち着いた奥渋でがっつり美味しいホルモンをいただきましょう!



関連ランキング:ホルモン | 神泉駅渋谷駅代々木公園駅


関連記事