IMG_20181226_202032_1-01

ヲタク仲間で「馬肉を食べよう!」ってことで「馬肉酒場 三村」に行ってきました。
長野出身で馬肉を食べ続けてきた人から、初めて馬肉を食べたという21歳まで幅広い層が、馬肉に舌鼓を打った一夜となりました。

やはりオススメはすき焼きですね。
一度ランチで食べたのですが、味・ボリュームともに100点の名物メニュー。
IMG_20181226_202042-01

馬刺し・握り寿司の他、馬肉を使った様々なメニューがあります。
タルタルはベタですが、唐揚げやメンツカツなどは初めて見ました。
IMG_20181226_202052-01

まずはこちら、スペシャルなウニ軍艦。上がウニで、周りが馬肉という充実した仕様になっています。
馬肉の赤身はクセがなく、ウニとの相性も良し。脂も少ないので、味わいのコントラストが素晴らしいですね。
IMG_20181226_202831-01

この見た目に珍しいメニューは、「絶品馬唐揚げ」。
中は赤身の馬肉、これがとても柔らかでしっとり。ふんわりとした衣で蒸されたような状態となっています。
初めて食べましたが、これは美味しいですね!
IMG_20181226_202821-01

「うまい餃子」がこちら。
とても肉々しい食感が特徴ですが、豚肉の物よりかはかなりあっさりです。
物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが、これはいくらでも食べられる系ですね。
IMG_20181226_203046-01

「ハツモトねぎ塩炒め」はお酒飲みにも、白ごはんにも合う濃いめの味付けとコリコリした食感が楽しい一品。
IMG_20181226_210927-01

こちらが、「馬い握寿司」です。
5点盛りで、赤身やロースなど様々な部位が楽しめます。味わいや食感がそれぞれ異なっており、十人十色の美味しさがあります。
IMG_20181226_204315-01

馬い馬刺しも同じく、生の馬肉が持つ赤身の清々しさた脂身の甘味を存分に味わうことができます。
初めて食べた「ちょうちんバラ」は、不思議な食感と濃厚な脂身の旨さが特徴的な部位。
とても美味しい馬刺しでした!
IMG_20181226_204836-01

そして、すき焼きへ。
これが3人前程度ですから、結構な馬肉の量になります。
IMG_20181226_220439-01

甘辛い割下とともにさっと煮込んでいけば、出来上がりです。
馬肉の旨味が滲み出した出汁を吸い込んだ麸も絶品です。
IMG_20181226_221247-01

もちろん白ごはんにも合います。
牛のすき焼きより、あっさりしており、満足感はあるのにけっしてしつこいことはありませんでした。
締めのうどんも美味しくいただけました。
IMG_20181226_220530-01


関連記事