写真 2014-03-23 22 31 21

今日、「牛肉の生ハム」というものに出逢いました。
生ハムといえば豚肉のはず。そんな先入観があるだけに、初見ではとても訝しげな気持ちになったんですが、見れば見るほど食べてみたくなったのです。
そして、私は新たな味覚の地平を見たのでした。
コレド室町2の地下にある「サカナの中勢以」で、牛肉の生ハムは販売されています。
写真 2014-03-23 22 28 26

熟成肉で知られる中勢以の新業態。
サカナというのは魚ではなく肴のこと。イートインスペースもあるそうで、ハンバーグや日本酒をいただけるそう。
写真 2014-03-23 22 28 36

冷蔵庫には大きな枝肉が。これが生ハムですね。
写真 2014-03-23 22 27 27

ケースのなかにはスライスされたものも入っています。
写真 2014-03-23 22 27 46
写真 2014-03-23 22 28 13

この中から好きなものが選べました。
私は極力脂の少ないものを。
写真 2014-03-23 22 27 11

但馬牛を使っているそうです。
熟成させたものを冷燻製された非加熱ハム。
写真 2014-03-23 22 31 42

真空パックを開けた瞬間には、燻製肉の香りが。
しかし見た目は深い赤色。ルビーのようでもあります。
写真 2014-03-23 22 31 56

外側はジャーキーのようですね。
写真 2014-03-23 22 32 11

自力で薄くスライスするのは簡単ではありませんw
一口含むと、食べ慣れた生ハムとも燻製肉とも全く別物であることがわかります。
塩味、香辛料は肉の甘味を引き出すギリギリのところでしょうか、その旨味の強さ、風味の良さはずっと口にいれておきたい。
そんな気持ちになります。
写真 2014-03-23 22 32 27

手元にあった吟醸酒との相性も抜群でした。
牛肉の生ハムという珍しさ、そして美味しさ。
中勢以の「牛肉の生ハム」、コレド室町に行った際にはぜひチェックしてみてください!

中勢以オンラインショップ お知らせ | サカナの中勢以を始めます。

関連記事