自然・宇宙

まるで光の曼荼羅!空に複数の太陽が輝く「幻日」が神秘的すぎた

15

信心深くなくても、こんな光景が現れたら「神が降臨した」と思っても仕方がありませんね。
去る12月1日、スウェーデンのVemdalenで目撃されたのは、まるで太陽が複数個現れたように輝く「幻日」という大気光学現象。
続きを読む

ちょっとオシャレぶってない?滋賀のアンテナショップ「ここ滋賀」に行ってきた!

31

先だって日本橋に誕生した滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」にいってきました。
有楽町の交通会館にもそれらしくものはあったんですが、2Fの奥まった場所にあるだけでなく内容も「コレジャナイ」って感じ。
やっとちゃんとしたアンテナショップが出来たわけで、ここから滋賀県の魅力が東京へ、全国へとガンガン発信されていくんですん!続きを読む

英国の至宝がここに!圧倒的な質と量の「大英自然史博物館展」は行かねば損!

写真 2017-05-21 15 55 10

上野の国立科学博物館において開催されている「大英自然史博物館展」に行ってきました。
館内の混雑はあれども、土日でも行列なく見られるわりには、世界中からかき集められた大英帝国の至宝が目白押しで、見ごたえ充分。
大人1600円で、この内容は見ないほうが損ですよ!続きを読む

「お伊勢参り」と同じ御利益!?伊勢が遠いなら、東京大神宮に行けばいいじゃない!

DSCN3772

20年に一度行われる式内遷宮によって大きな注目を集めているのが、日本の総氏神と言われる伊勢神宮。
かつて、その伊勢神宮に詣でる「お伊勢参り」は人生の一大事でしたが、交通網が発達した現代においてもけっして「お伊勢参り」は楽なことではありません。
行きたいけど、行けない。だったら、東京の住人は千代田区にある「東京大神宮」に行けばいいんです!続きを読む

あの信仰は日本では、エンタメとして生きている

e87870b6
エロスは道徳の範囲であるというのが私の持論ですが、そうでなくなってしまったのは表向き禁欲を語る世界宗教のせいだと考えています。
男根信仰もそうして滅びいく信仰形態の一つです。
続きを読む

落ちそうで落ちない巨石

26)
八百万の神々を信奉してきた日本において、巨石信仰はそのなかでも代表的な形態といえるでしょう。
神の依り代として「磐座」(いわくら)と呼ばれた巨石をご神体としている神社はいまだに多く見られます。
続きを読む

向きを変えた地蔵が村を守った・・・というオカルト

by Jesslee Cuizon
Attribution-NonCommercial-NoDerivs License


こちらも被災地である長野県栄村でなんともオカルティックな事象が発生していたらしい。

続きを読む

どうして地動説があんなに否定されたのか考えた

When the sun goes down, the stars come out to play by c@rljones
Attribution-NonCommercial License


どうしてカトリックがあれほどまでに地動説を否定したのか。
ふと思いついたことがあったので書きます。

続きを読む

来訪神は客人によって演じられ、力を取り戻す

Namahage, Akita by shibuya246
Attribution-NoDerivs License


秋田の「なまはげ」だけでなく、岩手県の「スネカ」、山形県の「あまはげ」、石川県の「あまめはぎ」など、仮面をつけ藁や箕で身体を覆った来訪神が家々を巡る祭りは多くあります。
これは日本独特の宗教形態ではなく、中国やスイス、オーストリアなどでも見られるものです。

続きを読む

富士山に登るのと同じ御利益がある「富士塚」にいってきた

Fuji Fuji by Clint Koehler
Attribution-NonCommercial-NoDerivs License



天高く馬肥ゆる秋、いかかお過ごしでしょうか。
私はあまりにも秋晴れが素晴らしかったので、朝から富士山に上ってきました。

あ、富士そばでした!とかいうオチやないからね!続きを読む
記事検索
スポンサードリンク
定期購読はこちら
follow us in feedly